かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

山形県から探す

山形県の市区群から探す

山形県の保険窓口一覧

山形県の保険窓口3店舗

鶴岡市
山形市

山形県で生命保険比較しながらプラン決定

山形県における生命保険契約について

山形県は、生命保険の契約数が年々増加傾向にあり、毎年多くの方が新たに契約をしています。平均補償金額については、年々減少傾向にあります。これは、一人一人の治療費が少ない事を意味していますが、他県も似た傾向にあるので山形県だけ減っているという事はありません。こういった事を踏まえた上で、生命保険に加入をする事が大切です。生命保険に加入をするといっても、数多くの保険会社が提供しているので、それぞれの補償内容や保険料を比較し検討をしてから契約を結ぶ事が求められます。基本的には、何年にもわたって契約を結ぶ事になります。故に、契約後に後悔をしないようにする為にも、保険会社のスタッフの方と相談をしてから契約書に判を捺す事が大事です。生命保険に加入をしておけば、病気が悪化して入院をした際においての治療費を賄う事が可能となります。支給される保険金に関しては、負担している保険料などによって違いがあるので、事前に確認をしておく事が大切です。自分自身に万が一の事が生じたとしても、数千万円の保険金が支給されるので、遺族の金銭的な不安を予め取り除けるのです。また、保険の中には年金のように老後まとまったお金を受け取れるタイプもあります。健康に自信がある人はそういった保険に病気保障関連の特約を付ける方法もスタッフに紹介される事が多いようです。

生命保険見直しの無料保険相談は出来ますか

生命保険保険見直しをしたいのですが、最近では大手の保険商品からネット生保までたくさんの種類がありどれが有利なのか全くわかりません。当然安いものが嬉しいのですが保障内容が心配な部分もあります。いま加入しているものを解約して新しいものに加入しなおしたほうがいいのかなど、相談に乗ってもらえるところはありますか。生命保険見直しの相談は無料であった場合、どこからか有料になったりすることはありませんか。無料保険相談で高いものをすすめられたりすることはありませんか。

答え

生命保険見直しする際にどのようなものが有利か非常に個人で調べていくには難しい部分があります。現在加入している保険会社にも当然相談することはできますが、この場合の選択肢はその会社の保険だけになりますのでもっと有利なものがあってもわかりません。保険見直しをする無料保険相談は契約している会社がたくさんあり、その中からお客様にあった保険をいくつか教えてくれます。この場合特定の保険に偏るようなことはなく、中立の立場で相談に乗ってくれます。また現在加入しているものに問題がなければそのままで十分というアドバイスもしてもらえますし、逆に保障部分が重複しているような場合は解約のアドバイスもしてもらえます。経済状況や家族構成で保険の内容は人によって違ってきますから、最適なものをアドバイスしてもらえます。また無料窓口の場合は途中から有料になったりすることはありません。

子供のための学資保険と保険相談の選び方

今度子供が生まれますので、将来必要になる教育費のためにさっそく学資保険について真剣に相談してみたいと考えています。保険のことを考える場合は生命保険や医療保険でもそうですが、学資保険というのも保険会社によって色々な違いがあるものでしょうか。また、その様な保険相談については誰とするのが一番良いと言えますでしょうか。色々なケースがあると思いますが、メリットの大きいものについて教えていただきたく思っています。

答え

学資保険もその他の保険商品と同じように保険会社ごとに色々な特徴があります。子供をどこまで進学させるかによっても必要な金額は違いますし、保険料を何歳まで払うかでも毎月の支払額も違います。それに最近の学資保険には怪我や病気、親の死亡時の保障まで付けることが出来ます。それらについて詳しい説明を受けて比較するのであれば、特定の保険会社の外交員ではなく保険相談の窓口に行くのが良いかもしれません。一番良い保険というのはその人それぞれによって違うものです。そのため最適な保険を中立な立場で説明してくれる保険相談の窓口をおすすめします。一般的には無料で利用することが出来ますので、誰でも気軽に利用することが出来ます。

生命保険見直しと保険:個人年金保険はどのようにするか?

生命保険見直しをして、その分浮いた保険料で個人年金保険に加入したいと考えています。将来のことを考える年齢になった時に、通常の生命保険だけでなく年金も厚くしておいたほうが良いという気がしています。公的年金に期待が持てない今、個人年金に加入するメリットは大きいと思うのですが、資産運用や貯金したほうがよいのでしょうか。個人年金は利回りが低いと聞くのですが、もし高リターンな個人年金などがあれば教えてください。

答え

個人年金保険は将来の公的年金保険の不足を補うために多くの方が加入しているものです。現在40代未満の方は支払った保険料が受給される保険料を下回ることは確実だという見解もあります。将来の生活に備えるために、保険見直しをして、個人年金に加入されるのはとても大きなメリットがあると考えられます。ただし、おっしゃるように個人年金を投資と捉えると、長期預けるにも関わらずかなり低い水準の利回りになってしまいます。現在は軒並み低金利で平均1%程度、定期預金よりはよいという状況です。もし高リターンなものを望まれるのなら、個人型の確定拠出年金がおすすめです。専用口座に掛金を積み立てて、どの金融商品で運用するかを自分で選べるので、高リターンを狙うこともできます。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴