かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

富山県から探す

富山県の市区群から探す

富山県の保険窓口一覧

富山県の保険窓口4店舗

小矢部市
射水市
富山市

富山県内で無料の生命保険契約相談

富山県における生命保険契約について

富山県の過去数年の保険契約数を見てみると、毎年順調に契約件数が伸びているのですが、それと同時に、毎年のように平均の保険金額は目減りしていることが分かり、これが富山県の保険契約状況においての特徴となります。ただし、これはなにも富山県に限ったことではなく、大なり小なり全国的な流れになってきているように指摘することもできます。こうした契約数は増加しているのに、生命保険の金額が下がっている一番の理由として、各家庭が保険会社が進めるプランに任せるだけでなく、自分たちでどれがいちばんお得なプランかを調べるようになったことがあります。これはインターネットの普及によって、保険料を無料で比べられるサイトなどが誕生したことも要因の一つと考えられます。また、保険会社も実店舗を持たず、ネット上だけで保険を販売している会社が増えてきたことによって、安い保険プランでも十分な保障がついている商品が登場したことも影響していると言われています。このように、ネットの普及によって今までは面倒くさかったり、分かりにくかったりした保険プランのハードルが低くなってきたことによって、各家庭が保険を見直し、そして安い商品に乗り換える人が増えてきたことが原因といえます。

無料保険相談の生命保険見直しで得をしよう

現在加入している保険会社から、生命保険見直しの案内をもらいました。少し調べてみたら同じような保険料で同じ内容を継続するというのはかなり難しいようです。給料が上がらない現在、これまで以上の保険料を払うことは難しいので正直困っています。こんな時に最近評判の無料保険相談というのは役に立つものなのでしょうか。この様な保険についてはあまり詳しくないので、よくわからない状態のまま上手に説得されてしまいそうで心配です。

答え

生命保険見直しは多くの人が経験する嫌なものです。基本的に年齢が上がると病気や死亡のリスクは高まりますので保険料が上がるのが自然なのです。そのため保険料で大いに悩まなければならないのです。そんな時に助けになるのが無料保険相談です。特定の保険会社に偏っていないので本当の意味でその人に相応しい無駄のない保険の提案を可能にしてくれます。しつこい勧誘もNGとしているところが多いので一度は相談してみるとよいでしょう。保険に詳しくないのであればなおのことおすすめです。特定の保険だけを売るノルマがあるわけではないので、本当に合っているものをすすめてくれます。これが保険会社直属の外交員と一番大きく異なっているところなのです。

保険相談(学資保険)です。

主人が転職して退職金が入ったので、現在ある程度まとまった現金が普通貯金に入れてある状況です。色々貯蓄先を考えたのですが、この先どうなるかわからないので、そのお金を子どもの教育費として貯金したいと思います。でも、多少保険的な意味もふくめて、貯蓄性の高い学資保険の一時払いはどうかと考えています。無料の保険相談があることも知っていますが、ユーザーの経験談もききたいです。学資保険の一時払いのメリットとデメリットはどんなことがありますか?

答え

学資保険には一時払いの他にも全期前納という支払方法があります。ただ、取り扱わない会社もあるし、全期前納は通信販売では取り扱わず、対人販売でのみ取り扱う会社も。共に保険料は一括払い。一時払いは支払った全額がすぐに保険会社のお金になるところ、全期前納は保険会社が全額を預かり、毎月・毎年等のタイミングで保険料を計上する為、毎年生命保険料控除を受けられますが、一時払いだと保険料をまとめて支払った年のみ控除を受けられます。契約者死亡時は、全期前納は払込免除特則で未計上分の保険料が戻りますが、一時払いでは戻りません。我が家が見積もってもらったところ、女性の保険金の方が男性より安かったし、妻の死亡保険アップ目的もあったので、学資保険の契約者を妻名義にしました。比較サイトを参考に保険相談を利用し、解約時返戻率なども確認し、家庭のニーズにあったプランに決められるといいですね。

個人年金保険の保険見直しは損か?

個人年金保険の解約か、もしくは保険見直しを考えています。生命保険や一時払い養老など多くの保険に加入していて保険料が家計に占める割合が高いです。保険見直しをして整理をしようと思うのですが個人年金を解約して、ほかの運用に当てようかとも思っているのですが、個人年金は解約すると損ですか?今まで支払った保険料を活かしながら保険を見直しするか、解約するかで迷っているので、損をしない良い方法がありましたら教えてください。

答え

個人年金保険以外にもいくつかの保険に加入されていて保険料を減額するために保険見直しをされたいとのこと、確かに保険はいざという時の備えですから、支払いが大きすぎて現在の生活に触るようでは意味がありません。それぞれの保険の保障内容を確認して見直しするのもよい考えだと言えるでしょう。ただし今まで支払い続けた保険料を活かすなら、個人年金保険の解約は避けたほうがいいケースが多いのも事実です。商品や支払い期間によっては元本割れを起こしてしまい、損してしまう可能性があるので注意が必要です。個人年金は計画的に老後の資金運用ができ、利率も良いものなので、できれば年金を残し、ほかの保険を見直すのが得策と言えるでしょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴