かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

鳥取県から探す

鳥取県の市区群から探す

鳥取県の保険窓口一覧

鳥取県の保険窓口3店舗

鳥取市
西伯郡日吉津村
米子市

鳥取県どこでも可能な生命保険契約

鳥取県における生命保険契約について

鳥取県の保険契約に関するデータを見ると、他県の例に漏れず保険契約者数はその後数年間で右肩上がりに数を増やしてきました。その一方で、保障金額の平均額は額を減らし続けています。そんな鳥取県民は、全都道府県の中でも随一で果物の消費量が多いです。瑞々しい栄養を日常的に摂取している家庭ばかりなのでしょう。しかしながら、がんの発症数もけして少なくありませんし、ここ数年に至っては脱水症状が原因で病院に搬入される人も増えています。また、心臓に関する疾病での患者数も全国平均よりも高い傾向にあります。こういった状況から、保険への加入自体は検討する、という人が多くなってきたのでしょう。とはいえ若者の平均収入が低くなっている現代事情もあり、高額な特約をつける契約は結ばなくなったようです。その結果、加入者数は増えながらも保証金額は減っていく、そのようなデータとして表れているのです。鳥取県で生命保険加入を検討する際は、以上のような実情と自分たちの家族の状況を加味して、家計内で済ませられるような保険を探すようにしましょう。ネットなどで複数の保険を比較すると場所や時間を問わずに検討できます。毎月支払うものですから、無理のない額で入れるプランにしたいものです。その中でも最低限の保障をしてくれる保険はいくつもありますから、じっくり検討することが大切です。

無料保険相談の生命保険見直しでしつこい営業はありますか?

我が家に子どもが生まれたので、将来のことを考えて今入っている生命保険の見直しをした方がいいのではないかと思い始めました。無料保険相談で、生命保険見直しだけでも受け付けてくれるという話を聞いたので、今度夫婦で相談に行く予定です。家族が増えたことで、おそらく新たな保険への加入をすすめられるだろうと思います。その場合、相談の時にすすめられた保険への加入について、相談後にしつこい営業などはあるのでしょうか?

答え

無料保険相談で、相談員の方に生命保険見直しをしてもらって、子どもさんやご家庭の将来のためにさらに保障を強化した方がいいという場合は、新たな保険への加入を提案されることと思います。ですが、されるのはあくまでも提案です。しつこい営業や勧誘などはしないとあらかじめ明記しているところも多くあります。また、もしそんなことがあれば、ネットなどですぐ悪評がたつ時代ですので、そんなことになればその保険会社にとって損失になるだけです。とはいえ、保険会社も仕事ですので提案したからには相談後にいくらかのアプローチをされる場合もあるかもしれません。万が一、あなたがしつこいなと感じるようなことがあれば、その保険会社に相談すればすぐにしかるべき措置を取ってくれます。

学資保険についての保険相談

保険相談に乗ってください。うちは3歳の息子と第二子を妊娠中です。一人目が生まれた時に義母のすすめで学資保険に加入をしました。さほど金額は大きくは無いのでかけることができてきました。主人の収入も少しずつ上がってきて子供の為に貯金をすることができています。第二子の分をと考え始めた時に貯金だけでいいのではないかと思うようになりました。実際、何のメリットがあるのかを実感していないので解約を検討してしまっています。どうしたらいいのでしょうか。

答え

学資保険と同時に子供の為に貯蓄もできているなら将来いざという時がとても安心できますよね。私も、子供が生まれた時に母のすすめで学資保険に加入しました。それと同時に貯金もしてきました。子供の将来にいくらお金がかかるのか分からないので、念には念をという事で両方していました。学資保険は卒業入学の時期にお祝い金をいただいたことで貯金をあまり使用せずに準備をしていくことができました。貯金はいざという時の為に何にでも使えるもので、入院などの時もとても役にたちました。貯金があれば大丈夫という思いになりますが、生活費に余裕があるのであればそのままでいいのではと思います。まずは詳しいことを保険相談で知ってから決めるという方法が、一番相談者さん自身も納得できると思いますよ。

個人年金保険の保険見直しはどうすればいいでしょうか?

個人年金保険に以前加入していたのですが、生活が苦しくなったので、もっと安い保険料のところに変えたいと保険見直しを考えています。とは言っても加入したのがずいぶん前、若い頃に加入したものなので、保険業界も大幅に変わってしまっていて、どのように選べばいいのかわかりません。ネット保険や昔ながらの外交員の保険などいろいろな保険会社がありますが、具体的にどのような点に注意して個人年金の保険の見直しをすればいいのでしょうか。教えてください。

答え

個人年金保険は公的年金以外に個人で契約する年金のことですが、最も加入率が高いのは50代の方々です。お若い頃から加入された個人年金があるならば、まずは利率を調べて有利な契約になっていないかをチェックすることをおすすめします。現在の利回りは低水準なので、そうした意味では魅力に欠けるのですが、加入した時期によっては利回りがとても良い、お宝年金の場合もあります。3%以上の利回りなら解約などはせずに、月々の保険料を引き下げるような保険見直しをするのが良いでしょう。保障をたくさんつけていたり、終身保険になっている場合にはどうしても月々の保険料が高額になります。また保険見直しをした際には、利回りが変更になってしまわないようにあらかじめ窓口に確認した上で行うのが良いでしょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴