かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

栃木県から探す

栃木県の市区群から探す

栃木県の保険窓口一覧

栃木県の保険窓口10店舗

鹿沼市
足利市
栃木市
小山市
宇都宮市

栃木県内の生命保険契約はここに注目

栃木県における生命保険契約について

栃木県における生命保険契約について、人口自体は約200万人規模という、全国で見ればそれほど多い人口がいる地域ではありません。ただ、生命保険の契約数自体は増加傾向にあり、今後もこの傾向は続くと考えられています。この原因は近年の自然災害に関する住民の不安の影響が大きいと考えられています。ここ数年の天災を契機に改めて現在加入している生命保険で足りるのかどうかを考え直すのと同時に、他にも加入をすることで生命保険を手厚くして万が一に備える世帯が増加していると考えられるからです。その証拠に人口数よりも多い生命保険契約数を数えるに至っています。無料の相談窓口が増え、より安価で便利な保険を知る機会が増えたことも要因としてあるでしょう。また、生命保険は相互扶助の考え方があるために、一般的には加入者数が増えれば保険料などは減少するタイプのものもありますが、逆に保障される生命保険額は年々減少をしています。つまり加入者数は増加をしているけれども、高額な保障ではなくても一定の金額が保証されるタイプのものに多く加入をしている傾向がみられるという話になります。一人一人が加入をする保険自体の数を増やしてやることで、いろいろなところからカバーをしてもらうように計算をしているということがこの情報からは読み取ることができると言えます。

生命保険見直しの無料保険相談はどこで受けるのですか?

若い頃から、ずっと、終身型の生命保険に入っています。いま、生命保険見直しを考えています。仕事もリタイヤして年金生活をしている身には、毎月の保険料の支払いも、決して楽ではありません。そもそも、私に万一のことがあった場合に備えて、二人の子供が生活に困ることのないようにとの趣旨で契約したのですが、いまや二人とも独立して家庭を持っております。そう考えますと、このまま保険料を払い続けることに意味があるのか、疑問でなりません。かといって、いままで払い続けてきたのが無駄になるのかと思うともったいないです。無料保険相談を受けるとしたら、どこへ連絡すればいいでしょうか?

答え

まずは、いま契約中の保険の内容を再確認することです。とはいっても、保険証券というのは、一度読んだだけでは内容を把握することは難しいです。お一人で考えるよりも、専門家のアドバイスを受けるほうが、無駄なく、また正確に内容をつかむことができます。生命保険見直しの相談は、今では、Webからでも簡単にできます。そのとき、特定の保険会社や金融会社に属していないファイナンシャルプランナーが無料保険相談に応じてくれるサイトを探すのがポイントです。 自社の利益にとらわれることなく、中立公平な立場でアドバイスをしてくれるからです。実際に専門家に相談してみたら、今まで保険料を払い過ぎていたことが判明したこともあります。また、家族構成が変わるなど、生活環境が異なってくるときにも、必ず、保険の見直しを検討すべきです。

最も適切な学資保険とは?保険相談に行きました

念願の子供が生まれました。どんなに忙しくても、子供の可愛らしさを見ていますと疲れを忘れてしまいますが、同時に私に万一のことがあった時のことを考えると、不安も感じます。子供が生まれたことを知った保険会社が、縁故をたどって、学資保険を勧誘がありました。その保険の内容は、小学校とか、中学校の学習期間の途中で学資金を受け取ることが出来るというものでした。そのことは結構なのですが、保険相談で私が知りたいのは、万一の時の支えになる保険とはどんな保険があるのでしょうか?

答え

最初に保険相談では、全ての人に最高の保険というものは存在しないことを言われました。確かに、私が勧誘を受けている保険も、別の方からみれば理想的な学資保険だそうです。私自身が、保険を通して子供にどんなことを託しているかということらしいです。私は、私が病気・ケガ・死亡等の万一の時に備えて、子供が継続して教育が受けられるように願っていることをお話をしました。すると相談員は、貯蓄性重視の保険よりも、保障性を重視した保険を選んだほうが良いのではとアドバイスを受けました。唯、高い補償を望むならば、満期になった場合の受取金が少ないことです。補償期間も終身保険とするのか、定年までの期間にするのか悩みどころであります。結局、保障期間を掛け捨ての保険にして、差額を貯蓄にすることにしました。そういった決意ができたのも、保険相談したおかげだと思っています。まずは直接相談に行ってみてはどうでしょうか。

お金が入用なので個人年金保険や生命保険見直しをしたい

生命保険と医療保険には長い間契約しています。満期金付きで一時払いしたものや、個人年金保険、それに月払いで掛け捨ての保障優先タイプなどいろいろなタイプに入っています。この度車を購入するので、少しまとまったお金が必要です。一時払いの養老型というプランか個人年金保険を解約しようかと考えているのですが、何本かに分けて契約していてどれを解約するのが一番損がないかよくわかりません。保険見直しの無料相談では、こういう解約関係のアドバイスもいただけるのでしょうか。

答え

一時払い養老型の生命保険や個人年金保険は、払い込んだ保険料を据え置くことで運用され満期金や将来の年金という形で受け取ることができます。ですから、保険料が安い、つまり若い年齢のうちに契約をして長期間据え置くことで大きなメリットが得られる仕組みです。また運用の利率は各生命保険会社によって定められ、必要に応じて改定されるのが一般的です。ですから、同じ一時払い養老型でも契約した時期によっては運用利率が異なることがあります。当然、運用利率がよいときに契約したものはできるだけ長く据え置くのが得になります。保険見直しの無料相談では保険のプロフェッショナルであるFP、つまりファイナンシャルプランナーがニーズにあった保険のアドバイスをしてくれます。解約せざるを得ない場合でも、できるだけ損のない解約の仕方をアドバイスしてもらえるはずです。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴