かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

福井県から探す

福井県の市区群から探す

福井県の保険窓口一覧

福井県の保険窓口5店舗

越前市
福井市
敦賀市

福井県にいながら最適な生命保険選び

福井県における生命保険契約について

福井県は日本海に面しており、人口はおおよそ80万人ほどの県です。福井県の生命保険契約のデータですが、他の県と同様に毎年の契約の件数は増えているものの、人口に対しての契約率が非常に高くなっています。興味深いことに、ここ数年で人口を上回る契約の件数となっています。そして更に、これを過去5年間での福井県における生命保険の平均保障金額で見てみると、他県同様契約の件数に対して実際の補償額は年を追うごとに少なくなっています。しかし多くの県でこの傾向は顕著なのですが、その件数に対して劇的な補償金額の変化が無いのが福井県の特徴と言えます。保険にかける金額が安定している県や複数の保険に加入している人の多い県の特徴として、夫婦の共働き率の高さが挙げられます。どちらも上位の方に名を連ねる福井県は実際に共働きの世帯が多いようです。働いている家族が多い分、保険加入を必要とすると同時に安定した収入があるので高い保険を維持できるのでしょう。福井県で保険への加入を考えるなら、そういった家計面も考慮して選ぶと良いです。単純に周りで入っている人が多い会社や商品だからと選ぶのではなく、自分に合ったものを探すのが堅実です。後悔の無い保険加入とするために、ネットなどの保険会社サイトにあるシミュレーション機能が無料なので利用してみると良いのではないでしょうか。

無料保険相談で生命保険見直しはできますか?

最近一人暮らしを始めました。念願だったのでとても嬉しい毎日を送っているのですが、一人暮らしを始めて生活にはお金がかかることを実感するようになりました。就職をしてすぐに、友達に保険に入ってと言われて入りました。必要だと思って入ったのですが、保険料のことを考えずに入った為、一人暮らしを始めてから保険料が高いと感じるようになりました。無料保険相談を利用して生命保険見直しをしようと思っているのですが、きちんとアドバイスをいただけたりするのでしょうか?

答え

実家暮らしの時は分からない、払う事のなかった支払いを全てするようになると、生活にかかるお金の額に驚きますよね。私も一人暮らしをしてから、生命保険見直しをすぐにしました。私も付き合いで入ったので、保険料が高いのがとても気になっていました。一人暮らしをする時に、近所の無料保険相談に行って相談をしてきました。保険について詳しく説明してもらっている中で、本当に必要な保険というものがわかってくるようになりました。自分で理解した上で見直しをする事に決めました。保険はとても難しくて詳しい説明が面倒だと思ってしまいますが、必要のない保険もたくさんあることを知りました。無料相談でもしっかりアドバイスをしてくれるので、まずは相談をしてみてください。

学資保険の保険相談にのってもらえますか?

子どもの学資保険に入ろうと思っています。まずは保険相談みたいなところに行ってみた方がよいでしょうか?最近よく見かける無料の保険相談コーナーなどでは学資保険も扱っていますでしょうか?子どもが二人いる場合は、まとめて入ると割引になるでしょうか?二人とも小学生で、男の子と女の子です。女の子は大学まで行くかわかりませんが、男の子は行くかもしれません。ご意見アドバイスいただけましたら幸いです。よろしくお願いいたします。

答え

学資保険にご加入をご希望されているとのことですが、まずはどこまでカバーするかをお決めになった方がよいかと思われます。男の子は大学まで(行くかもしれない、とのことなので、行く前提の方がよろしいでしょう)、女の子は、小学生の段階でお勉強がよっぽどできなければ高校か短大どまりかもしれませんが、そこそこ頭の良い子なら、大学まで考えておいた方がよいかもしれませんね。お子様二人とも入るからといって割引制度などはないと思います。支払える金額、カバーできる年齢をだいたい固めてから、保険相談の窓口に相談してみるとよいかと思われます。相談自体は無料のところが多いですので、まずは一人分の掛け金をきいてから、二人目を検討するのでもよいかもしれません。

個人年金保険保険料で控除されるよう保険見直しをしたい

老後の備えのために、個人年金保険に契約をしようかと考えています。保険について調べていて、個人年金保険の保険料は保険料控除の対象になり、生命保険料で控除される場合と年金保険料で控除される場合があると知りました。生命保険料で控除される保険は既に契約しているので、できれば年金保険料で控除できる契約にしたいと思います。また生命保険・医療保険も、入り過ぎがないか合わせて保険見直しをしたいのですが保険相談できますか?

答え

保険の契約には、契約者・被保険者・保険金の受取人の三者が存在します。この三者の関係により、保険金が給付された時の税金の扱いが変わってくることがあります。個人年金保険の保険料が年金保険料として控除される条件には「契約者と受取人の関係が本人か配偶者のいずれかであること」と「受取人と被保険者が同じであること」があります。またこれに加えて、保険料の払い込み期間や年金の受け取り開始年齢や受け取り期間にも条件があって、全てを満たしている時に年金保険料として控除を受けることができます。保険見直し相談では保険のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)が適切な保険プランを提案してくれますが、FPは税制についても熟知しているので保険料控除で損をしないためのアドバイスもしてもらえます。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴