かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

学資保険は保障の重視度によって変わる

学資保険とは

お子さんが生まれた時に加入する保険と言えば、学資保険でしょう。「学歴社会」という言葉は随分と前からある言葉ですが、実際には現在でも就職をする時には「大卒以上」という条件を提示する大手企業はとても多い事からも、就職には大学卒業以上の学歴がベストと言えるでしょう。だからこそ、この不況でも進学できるように「学資保険」は必要とされているのでしょう。少子化となっている現代では一人当たりの子供に掛ける事ができる教育費は昔とは比べ物にならない金額と言えるかも知れません。それでも必要な教育をお子さんに受けさせる為にはそれなりの費用が必要となります。現代は税金の増額や公共料金の値上げ等で毎月の家計の負担も増大している状況と言えます。そんな中ではやはり学資保険の必要性も高まっていると言えます。加入をする事で毎月強制的に保険料が引き落とされる事で、きっちりと教育資金を毎月積み立てる事が可能となります。学資保険は貯蓄性の高い保険である為に、返戻率が100%を超える事も当たり前となっているようです。このような事を考えても銀行で預金をするよりも、この種類の保険に加入をしてお金を積み立てる方が遥かに効率的に教育資金を貯める事が可能となるのです。

学資保険の種類

学資保険には2種類のタイプがあります。それは貯蓄型と保障型となっていて、給付金や配当金の金額を重視するのか、子供の入院費や被保険者に万一の事があった時には保険料免除等の保障を付けるのか等を考えます。そしてそれぞれのケースで最も都合が良いと言える事は何かを考えて、学資保険の種類を選択する事が必要です。貯蓄型の場合は、保障よりも給付金等の金額に特化した保険であるので、返戻率が必然的に高くなります。返戻率とは満期保険金と祝い金を足して、支払い保険料の総額で割ります。そして算出された数値に100を乗じて出される割合です。貯蓄型の返戻率は軒並み100%を超えています。したがって学資保険の貯蓄型では普通に預金をするよりも遥かにお得と言う事が出来ます。それに対して保障型の場合では、返戻率が100%を切る保険も存在しています。その理由は保障にウェイトを置いている保険であるからです。給付金を目減りさせる事でお子さんの急病の時等の医療費に充てたり、被保険者が亡くなった時にそれ以降の保険料の支払いを免除したり、年金を支払ったりする等の保障に保険料を使う事になります。学資保険の選択の際にはお祝い金や満期保険金を多く貰う貯蓄型と、いざと言う時の為の保障型のどちらを選択するかという事が、保険の選択のポイントと言えます。

学資保険の選び方

子供が生まれた後、親御さんに気に掛けておいてもらいたいのは、子供の将来に必要となる教育費についてです。親御さんが思っている以上に子供の成長というものは早く、成長を重ねるごとに子供の教育費の負担は大きなものになっていきます。子供の教育費の負担については国の方でも授業料の無料化などの対策がとられてはいますが、子供の進もうとする進路によっては親御さんの負担はかなりのものになってしまうこともあります。そのような不安を解消するための保険商品として、保険会社からは学資保険と呼ばれる保険商品が販売されています。学資保険は生命保険などとは若干その性質が異なっており、毎月保険料を支払っていくかたちで将来子供に掛かるであろう教育費を積み立てていくことになります。積み立てられた保険料は満期時に一括して受け取ることができ、子供が大学へ進学したとしても受け取った保険金を入学費や授業料に充てることができるため、親御さんの経済的負担はごく少額で済みます。学資保険では加入する保険によって返戻率と保険金の給付のされ方が異なっているため、学資保険の選び方次第では、必要な時期に必要なだけの保険金を受け取れない場合もあります。そのため、教育費が本当に必要な時期に必要な額の保険金を受け取れるということが学資保険の選び方のポイントとなってきます。

学資保険の利用法

学資保険の活用法は子供の将来の教育費のためだけではありません。病気や怪我などに保障が受けられるタイプのものもあるので、このタイプの保険の場合、活用法のひとつとして子供の医療保険や生命保険の代わりにすることができます。また、親御さんが高度障害になったときや死亡した場合にはその後の保険料の支払いは免除される仕組みになっており、満期時には満額の保険金が受け取れるようになっています。そのため、保険料の支払い途中で万が一、親御さんに不幸な出来事があり、保険料の支払いが困難な状況になったとしても保険料の負担に悩まされることなく、必要な教育費を受けることが可能となっています。前述したように学資保険は積み立て型の保険商品ですが、それならば銀行の積み立て型の定期預金と変わらないのではないかと思う人も多いかもしれません。たしかに目標とする期日にあわせてコツコツとお金を積み立てていくという意味では学資保険も積み立て型の定期預金もそれほどの違いは無いように感じます。しかし、学資保険ではさまざまな保障が付いており不測の事態に対処することができます。それに対して銀行の定期預金では親御さんのみに不幸な出来事があった場合、そこで積み立てはストップしてしまうことになります。その点から考えると、万が一の際の保障がきちんと付いている学資保険に加入したほうが安心できるでしょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴