かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

収入保障保険の自分に合った選び方

収入保障保険とは

収入保障保険とは、死亡や高度障害で働けなくなった場合に、その所得に相当する金額を毎月補償する保険です。契約時に保険期間を決め、被保険者が死亡もしくは高度障害となった時から決められた期間まで、毎月支払われる形の保険です。一般的な生命保険とは異なり、月々給付される形の保険のため、高額のお金を一度に手にすることはできないのですが、一家の働き手を失ってしまい生活に困る家族にとっては毎月決まった金額が収入として入る形の保険です。また、生命保険には傷病保障や通院保障などの付帯特約が有る場合が多いのですが、収入保障保険にはこのようなものはなく、必要であれば別途保険に入る、という形になります。収入保障保険のもう一つの特徴は、保険金が安いことです。特約や補償が無いことから、少ない保険金で高額の保障が得られることが特徴です。ただし、契約時に決めた期間までしか支払われないので、亡くなったり高度障害になった時が遅ければ、それだけ保険金の給付期間が短縮されます。しかし、保険料が少ないところから、その為、貯蓄の少ない家庭や、保険にも入りたいが今後貯蓄もしたい家庭に向いています。収入保障保険は、毎月決まった金額を受け取れることから保険金を受け取った後の生活設計がしやすく、また保険金を使いすぎることもないところでしょう。

収入保障保険の種類

収入保障保険にもいろいろな種類があり、その選び方により正体の保障が全く変わってくるのでその選択には注意が必要です。収入保障保険は契約時に決めた期間までを期日とし、死亡または高度障害など契約時に取り決めた条件が発生したときから予め決めた期日まで保険金が支払われる仕組みとなっています。契約後長く加入しているほど合計の保険金が安くなる傾向がありますが、収入保障保険の中には、加入期間に応じて毎月の支給保険金が増額するタイプもあります。このタイプだと長く加入すればそれだけ保険金の月額が増額されるのでより安心感が高くなります。また、今までの収入保障保険は死亡や高度障害の際の給付が特徴的で、そのため保険金が安いのがメリットでした。しかし最近ではその保障範囲も様々なものがあり、心配な生活習慣病に対する保障が付いているものもあります。この場合には闘病中の入院費や、その期間の生活保障費も給付される形となっています。このように収入保障保険もその保障の範囲により種類が細分化されてきて、そのため現状の生活習慣、例えば喫煙の有無などによりその保険料が異なっている場合も。現代では、ますます自分の状態に合わせた保険が選べるようになってきています。

収入保障保険の選び方

収入保障保険というのは、基本的に生命保険とは全く別の保障内容です。突発的な事故などによる怪我や病気で死亡、重度の障害などになった場合、休業中の収入を補償するといった内容の保険ですので、主に家族を養っている人にとっては重要な保険となります。収入保障保険の選び方としては、保険料と保障内容のコストパフォーマンスの高さはもちろん重要になってきますが、生命保険の保険金と合わせて、相性のよいものを選んだ方がよいでしょう。生命保険や医療保険の選び方については、詳しく書かれているところもたくさんありますが、収入保障保険は年金のように定期的に受け取るタイプなども人気ですので、支払い方法を調べてから選ぶのも良いでしょう。保険料は変更ありませんし、一般的に金額が安いものばかりですので、上手に利用すると仕事をしている年代の人に万が一のことがあった場合でも、家族が安心して暮らせるようになります。ただし、治療費などの保障はありませんので、こちらは別途医療保険などに加入しておく必要があります。トータルバランスを見ながらおすすめの保険を探すようにしてみましょう。中には異なる名前の商品もありますので、専門家などに聞いてみましょう。

収入保障保険の利用法

収入保障保険の活用法としては、やはり基本的には一家の家計を担っている人が働けなくなったときの生活費の補填として考えておいた方がよいでしょう。そのため、収入保障保険で保険金を受け取るとき、家族の人数や子どもの年齢などの事情で毎月の生活費の負担が大きいときには、年金のように定期的に現金を受け取ることができるタイプにしておいた方が安心です。一方、葬儀費用や死亡した被保険者名義のローンが残っている場合など、一括で現金が必要になる場合には、一度に受け取ってから生活費は残された家族が働いて稼ぐといった方法もあります。したがって、収入保障保険の活用法は家族の事情によってかなり差が出てきますので、事前にFPなどに相談してみるのも一つの方法です。もちろん生命保険もかけてあって、一括で現金を受け取ることができるような場合には、生活費として定期的に受け取ることもできますし、毎月払いと一時金払いを兼ね備えたタイプの支払い方法などもあります。基本的に、一時金で受け取るよりも分割で受け取った方が保険金の総額は高くなりますので、無理のない範囲で受け取りは後に伸ばしておくというのも一つの方法です。焦らずよく考えて選びましょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴