かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

火災保険の種類や地域によって変わる活用法

火災保険とは

火災保険とは 文字通り火災に備えるための損害保険です。万が一、自宅が火事で損害を受けた場合に契約している保険内容に応じた範囲で補償してもらうことができます。また、火事は失火法にて損害賠償対象外の事故となっています。通常、何かしらの損害を他人に与えてしまった場合、被害者は加害者へ損害賠償ができる制度があるのですが、これが火事では適用されないのです。よって、隣近所の家から出火して巻き込まれた場合でも自宅に受けた被害は自分で補償しなくてはなりません。そのため火災保険の加入が広くすすめられています。また、持家のお宅ならほとんどの家庭で加入している損害保険ですが、実は賃貸でも加入が求められています。火災保険の補償内容を大別すると、建物補償と家財補償に分けられるのですが、建物補償は火事による建物への損害を補償し、家財補償は火事による家財への損害を補償をします。持家の場合は建物も家財も自分のものですので両方に加入しておく必要がありますが、賃貸は建物は大家さんのものなので建物補償は兎も角としても家財に加入しておかなくては家財の損失が出てしまうでしょう。ちなみに賃貸で建物を補償する必要はありませんが、原状回復の義務はありますので借家人賠償責任保険を忘れずに付帯させておくことが大切です。

火災保険の種類

火災保険は火事だけに対応する損害保険ではありません。実は地震、落雷、風災・ひょう災・雪災、水災、破裂・爆発 、飛来・落下・衝突、水濡れ、騒じょう、暴行・破壊、盗難 などにも対応しています。例えば自然災害により自宅に受けた損害、ガス爆発、車の飛込み、給排水設備の事故などでも補償してもらうことができるというわけですね。また、地震保険は個別に契約できると思っている方も少なくはないですが、火災保険と必ずセットですので地震保険に加入したいと思ったらまずは火災保険に加入する必要があります。よって、火災保険は住宅にかける生命保険とでも思っておきましょう。ただ、補償の種類が充実しているほど安心ですが、その分保険料に影響してくることになります。その保険料の差額も結構な金額になるため、よく考えて契約してください。さらに、基本補償は以上のようになっていますが、その他の費用が補填されるケースもあります。臨時費用、残存物取片づけ費用、失火見舞い費用、傷害費用、損害防止費用、地震火災費用保険金などです。突然の出費にも対応できますので、契約しておくといざという時に役立ってくれるでしょう。住宅の築年数、住宅ローンなどを考慮して付帯させる補償の種類を選ぶことが重要です。

火災保険の選び方

火災保険は賃貸の場合、契約時の必須事項として盛り込まれていることが多くなってきました。持家の場合も、ローンを組む際などにおすすめされた人もいることでしょう。選び方で基準としてほしい点の一つは、1年更新ではなく20年や30年など長期の契約ができるかどうかです。だいたいが1年契約のようですが数十年分一括で契約ができるものは、その分保険料が割引されています。一括支払いだと高く感じるかも知れませんが、契約年数で割ってみると、保険によっては1か月あたり1万円もかからない計算になるものもあります。また、地震保険を付帯させると補償対象がぐんと広がりますので、併せて契約しておくと良いでしょう。こちらも1年契約より数年をまとめて契約した方が多少安い保険料となります。両方を合わせると一度に支払わなければならない額がそれなりの数字となってしまいますので、金銭的な余裕がある家庭以外は難しいかも知れません。しかし持家ですと、よほどの理由が無い限りは引っ越しませんから、長い目で見ると毎年更新の手続きをとる煩わしさがなくなります。逆に転勤の多い仕事に付いている人などは、その都度、新規契約時に保険料を見直せる1年や2年の更新がおすすめです。

火災保険の利用法

火災保険の基本的な活用法としては、いろいろな保障プランをそのまま申し込まず必要なものを選択することです。例えば最初に提示されたプランの中に水害時を想定したものが入っていた場合は、水害の恐れが心配ない地域ならば必要ありません。突然の落下物・不測かつ突発的な事故についても大通り脇の立地や山の麓などに家があるわけではないのなら、不要となります。火災・落雷・破裂・爆発がメインの保障ですが、その他に地域によっては風災・ひょう災・雪災を検討すると良いでしょう。損害の額に関わらず、自己負担額もなく保障がされています。地震保険も特約に付けられるので、火災保険加入の際はまとめて入っておくと安心です。火災保険と一口に言っても、特約の中には必要でないものを含め多くの種類があります。きちんと損害を賄いたいのなら、まずは保険をかける家についてしっかり知っておくようにしましょう。家自体の立地や地域によって想定される災害、その中で何について備えたいかを、一度整理してから保険加入を検討しても遅くはありません。また、家財に対する補償でも、あまりに高額な宝石や美術品は対象外としている保険会社が多いものです。心当たりがあるようなら、契約時に担当者へ相談することも忘れないでください。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴