かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

シニア保険の知っておきたい選び方

シニア保険とは

「シニア保険」とは50歳以上向けに用意されている事の多い保険で、それまでに加入していた保険とは内容が違って来ます。特に大きく違うところと言えば、死亡時に受け取る金額という点ではないでしょうか。保険に加入をするにはそれぞれのニーズに合ったものが必要となり、シニア保険もまたシニア世代には欠かせない保険と言えるでしょう。死亡時の保障で言うならば若い頃にはお子さんがまだ成人をしていない事や、教育費にお金が掛かる時期である為に世帯主である被保険者の方が亡くなった時には、残されたご家族が生活に困る事に加えて教育費を捻出する事が難しくなるでしょう。保険とはそのような事を踏まえ、シニア保険は子供さんが成長された50歳以上の方に、死亡保障重視の定期部分を充実させた生命保険は若い世代に向けて、それぞれ用意されているという事が言えるでしょう。中高年となると体の色々な場所に若い頃には無かった症状が現れるようになります。そのような事を踏まえると、死亡保障よりも医療を充実させる事ができる保険が必要となってきます。シニア保険は入院や手術、通院の際に掛かる費用を保障してくれる医療保険がメインとなっているようです。大手の生命保険会社だけではなく、外資系の医療保険でも保険料を安くして内容を充実させる等、サービスの競争が行われています。

シニア保険の種類

中高年となる50歳以上の方にはそれまでに加入していた保険では過不足が生じる事が考えられます。それは保障の面において保険料の高い定期部分の保障がそれ程必要でなくなる事や、反対にそれまでの保険の医療特約ではサポートし切れない面も出て来るようです。そういった年齢に達した時には、シニア保険の加入が最も賢い保険の使い方となるのではないでしょうか。医療費を保障する事をメインにしている保険が多く、その中でもいくつかの種類に分類がされています。それは大きく分けると3つのタイプとなるようで、一般的な医療保険、無選択型、引受基準緩和型となっています。それぞれにはメリットやデメリットもあるようです。一般的な医療保険では、シニア保険とは違い保険料が安く保険の内容についての制限が少ない反面、告知書や医師の診断書が必要となる事が多く、その内容によっては保険に加入できないという場合もあります。無選択型では、一般的な医療保険とは種類が違い50歳以上を対象とした保険が用意されています。健康に不安があるシニアの方でも告知無しで加入できるシニア保険となっていますが、保険料はこのタイプの保険としては最も高くなる事や補償内容の一部には制限があるという一面もあります。引受基準緩和型では、簡単な告知はありますが加入をしやすい事の反面一般的な医療保険に比べると保険料が高めとなる事や、保障にも制限が加えられる場合もあります。

シニア保険の選び方

日本の社会は少子化により、超高齢化社会と呼ばれる時代に差し掛かりつつあります。という事は、当然のことながら高齢者、シニアの人口が全体の人口を多く占め、それに伴いシニア向けの金融商品も多く出回っています。さてそれでは、シニアにとっては非常に大切な、シニア保険の最適と言える選び方はどの様な点に重点を置くべきでしょうか。まずは、ご自身の経済的な状況や健康的な状態をしっかりと把握し、ご自身に何が一番必要であるかと言う点をしっかりと見据えるのが大切です。どのシニア保険が自分自身のニーズにしっかりと合致したものであるかと言う事を正確に知った上で、自分自身に一番しっくりくるシニア保険を選定する事が、シニア保険の適切な選び方と言えるでしょう。特にシニア世代というのは、そろそろ自分自身の健康に自信がもてなくなる時期でもあり、若い頃は気にしなかったような健康に関する心配が芽生えてきます。しかし、これらの保険は無選択型と呼ばれるものが多く、最初の支払いは安かったものの、年齢と共に金額が上昇するものもあります。ですので、自分自身の5年後や10年後の経済状況も踏まえながら、保険を選ぶのも大変に重要でしょう。家族と相談しても決められない時は、加入前に専門家の無料相談を利用してみるのも一つの手です。

シニア保険の利用法

巷には様々なシニア保険の商品が市場に流通しており、その活用方法も様々な物があります。そして、これらのシニア保険の活用法は、シニア世代にとってはシニア保険を選ぶ際にとても気になる事項の一つでしょう。この活用法のポイントは、あなたがどの様な老後を思い描き、老後の生活に備えていこうかと言う点にあるかもしれません。例えば、自分自身の老後に関してご家族の手を煩わせたくはないと考えているのであれば、介護保険を選ぶと言う選択があるでしょう。また、自分自身の病気や健康状態に不安がある方であれば、シニア医療保険で老後に備えるのも一つの手段です。また、せめて死亡時にご家族に迷惑をかけたくはないと考える人には、毎月の保険料が低く、その保険料も掛け捨てになりますが、せめてご自身の葬儀やそのほか死亡時に発生しうる諸費用をカバーする事ができる死亡保険などが良いでしょう。ただこのタイプの保険は、ご自身が稀に長生きした際には、支払った保険料が葬儀の費用を超えてしまうと言うケースもあるようです。何れにしても、ご自身とご家族、そして健康状態や経済状況を十分に考慮した上で、最適なシニア保険の商品を効率よく選びたいものです。だからこそ加入の際には、自分自身の将来設計についてきちんと考えるようにしなければなりません。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴