かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

医療保険は活用法も考えた選び方が肝心

医療保険とは

世の中には、保険というものがあります。この保険制度というものは、明治以降に西洋から伝わったもののようです。では、保険とはどういった役割のあるものなのでしょうか。保険の基本的な役割とは、事故や災難などに備えるために平時には多くの人から小額のお金を集めて貯えておき、万が一のことが発生した場合には、その貯えを利用するといったものです。事故や災難などが偶然起きるということは、あらゆる場面において考えられるものです。例えば、自動車を乗っている時に事故を起こしてしまって入院費用などが必要になる場合であるとか、高価な物品を購入し、それを運搬している最中に事故で壊れてしまったりといったことなどがあります。こういった時に効果を発揮するのが保険なのです。保険があれば、こういった場合にまとまったお金がおりるので大きな助けになります。そんな保険の代表的なものに、医療保険というものがあります。医療保険とは、病気やケガの際に医療機関を受診すると高額の医療費がかかってしまうことがありますが、これを軽減する役割のある保険のことです。日本においては、公的医療保険などが整備されており、ほとんどの人が加入しているようです。さらに、将来的に必要となるかもしれない大きな病気の治療費や入院費用を想定した、任意で加入できるプランもあります。

医療保険の種類

医療保険というものには、どういった種類が存在しているのでしょうか。まずは、日本においてほとんどの人が加入されている公的医療保険というものがあります。就職している人なら、多くの人が給料から天引きされている社会保険の項目に含まれているのがこの保険料です。この公的医療保険の特徴は、健康状態に関わらず加入できるというもので、保険料は収入に応じて決定されるということがあります。したがって、病気がちで健康状態が悪い人は加入できないというようなことがありません。また、保険料は収入に応じて決定されるということから、どのような立場にある人でも公平に同じレベルの医療を受けることができるということがあります。ただ、この保険制度にはデメリットもあります。それは、高齢化が進むと、医療費が増大することから収支が悪化するということです。こういったことになると、自己負担の額が増えるといった場合があります。もう一つの保険の種類に、民間医療保険というものもあります。これは、公的な保険と違って審査があります。つまり、大きな病気の経験のある人や持病のある人は、審査に通らない場合があるということです。これが、公的な保険との大きな違いです。他にも細かな条件設定がされており、年齢や性別などによって、保険料などが変わってくるようです。

医療保険の選び方

医療保険というのは加入義務がありませんので、特に若い年代で怪我や病気に縁がない人にとっては、余分な出費と感じられることも少なくありません。しかし、将来的にはこの保険に助けられる可能性は決して低くありませんので、早い段階で医療保険に加入しておいた方がよいでしょう。医療保険の選び方としては、家族の人数や年代などに応じて随時変えていくという方法がおすすめです。例えば、独身の若い世代は保険を受け取る可能性が低いため、掛け捨ての少額のものでもよいでしょう。家族が増えた時には、生命保険の保障を充実させるとともに、世帯収入を支えている人の保障は手厚くするという選び方がおすすめです。しかし、高齢になると頻繁に保険を使う可能性が高くなりますので、生命保険よりは終身の医療保険で内容が充実しているものを選ぶと安心です。医療保険はがん保険や三大疾病などを対象外としていることも多いので、幅広い病気についてカバーしようと思ったら、一つ一つの商品が安くてもトータルの保険料は高額になりがちです。できれば、中立的な立場のフィナンシャルプランナーなども交えて、自分の今のライフステージでどのような商品が良いか聞いてみましょう。

医療保険の利用法

医療保険の活用法としては、まず、怪我や病気になった時に加入している保険の保障内容についてチェックすることから始めます。複数の医療保険で保険金が受け取れる場合には、全て受け取りが可能ですので残さずチェックしておきましょう。掛け捨てタイプの保険や企業で加入している保険などについても対象となっているか調べてから、該当する保険会社に連絡を入れます。通常、医療保険に加入してある程度年月がたっていれば、それほど煩わしい手続きは必要ありません。しかし、保険に加入してからそれほど間がないうちに長期の治療や入院、手術が必要となった場合には、医療費の領収書や診断書などを提出する必要があります。あらかじめ、病院で診断書の依頼をしておくと良いでしょう。医療保険の活用法としては、若い年代で利用する可能性が低いときには、重複した特約などをつけないということです。これは意外と多く、手術や入院で受け取れる金額は増えますが、実際には保険料が増えて毎月の負担が大きくなっているだけというケースが少なくありません。家族の人数や年代が変化して保険を見直すときには、FPなどに相談して、自分のライフイベントに合わせた商品選びをしましょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴