かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

法人保険の正しい活用法と最適な種類

法人保険とは

法人保険は会社が契約する保険のことを意味します。何らかの事業を行っていると、どんなに気をつけたとしても一定の確率で事故が起こります。その結果として何らかの補償が必要になることもありますし、事業資金が不足する事態に陥る可能性もあります。このような現実的な問題が発生した場合にその大きな負担を一部負担してくれるのが法人保険と言うものなのです。法人保険は契約するのに一定の掛け金が必要になります。多くの場合は一年に一回、まとめて支払いをするものですが、稀に毎月の支払いが必要になるものもあります。保険の契約というものはお金を支払って初めて保険が有効になるというものですので、会社としては忘れることなく保険契約の更新をしなくてはなりません。法人保険と一口に言っても様々な種類がありますが、その全てに加入しているわけではありません。個人でかける保険がそうであるように、必要なものを取捨選択して加入することになります。全てに加入するには非常に多くのコストがかかりますので事業継続に必要最低限と考える内容を吟味して加入するのが一般的となっています。大きな補償を得るためには大きな賭け金が必要になります。そのため補償の程度を決めることが重要になるのです。

法人保険の種類

法人保険とは個人で契約する保険とは異なり、法人という会社組織のあらゆるリスクに対してかけられる保険のことを言います。法人保険の中には色々な種類のものがありますが、会社組織に極めて大きな問題が発生し、継続的に事業を続けることが出来なくなった場合にその損失を補てんし、当面の運転資金をサポートする損害保険というものがあります。自社内での事故による火災や放火による火災によって受けた損害に対するものとしては火災保険と言う呼び方が一般的ですし、突然襲ってくる自然の脅威である地震に対する備えであれば地震保険となります。あるいは近年のサービス業にはつきものである何らかの訴訟に対して、その裁判費用や賠償が必要になった場合の賠償金を補償をしてくれる保険も存在しています。法人の自動車をまとめてサポートするフリートの自動車保険も広い意味では数ある法人保険の種類の一種と言えるかもしれません。この様に通常の事業を行う場合において発生する可能性がある問題を、何らかの形でリスクヘッジするのが普通の会社の考え方です。そのために用いられる選択肢が法人保険であるという理解の仕方をしておくとよいでしょう。保険の継続にはコストがかかりますが、多くの会社がそれを支払っています。

法人保険の選び方

さて、今現在保険業界が市場に流通させている保険商品の中には、様々なものがあり、その用途や目的も様々です。そして法人保険もその一つであり、この保険は主に企業や会社向けに開発された保険商品です。さてそれでは、この法人保険のよりよい選び方のポイントはどの様な点にあるのでしょうか。まず法人保険は、企業や法人に適応される保険ですが、その保障は通常の生命保険同様、死亡や怪我などの不慮の事態に補償金が出るものになっています。例えば、経営者や役員の死亡時の補償や、社員が死亡した際の弔慰金なども補償が可能です。ただ、法人保険はそれだけでなく、役員・社員退職金の準備などにも保障が出るように設計されています。この様な点などを考慮してみも、法人保険を選び方のポイントとして、その法人のサイズや規模、または役員の人数、そして業種等、法人経営に関する多角的な面等も考慮し、最適な保険商品を選ぶ事が大変に重要になってくるでしょう。また、これらの保険商品の中には、税法上優遇処置などが取られている生命保険商品が存在します。もしあなたの企業の財務体質の強化を十分に考慮に入れるのであれば、これらの保険商品を選び出せるようにしておくのも、大変に重要なポイントとなってくるでしょう。

法人保険の利用法

さてそれでは、これらの企業向けに作られた法人保険の活用法のポイントは、どの様な点にあるでしょうか。法人保険の有効な活用法。それはずばり、健全で安定した企業経営のためにあると言えるでしょう。前述したように、法人保険には退職金や弔慰金等を準備するために活用が可能であるとお伝えしました。これらの方法を効率的に活用する事により、退職金を支給した年度の収支の悪化を防止する事に役立ちます。またこのことにより、退社した社員が退職金としての金額を受け取ったことにより、個人の所得税を軽減する事にも役立ちます。また、支払保険料の損金算入で、法人税を節税することや、法人保険は簿外資金になり、他の用途への転用を抑止など、不透明で不正な企業資金の流れを防止する等、透明で健全な会社経営を円滑に行なう事にも、法人向けの保険は一役買うことが出来るでしょう。そして勿論、これらの法人向けの保険商品を上手に選び出す事により、大きな節税対策にもつながり、その余剰信金をよりよい企業経営に向けての運用資金に回す事が十分に可能になります。これらの点からも、企業向けの法人保険を選び活用する事は、多くの企業経営者にとって重要な要項といえそうです。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴