かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

がん保険の種類と選び方で見える活用法

がん保険とは

保険とはどういったものなのでしょうか。人間は、日々様々なことを行いながら生活をしています。そういった中で、偶然にも何らかの事柄が発生することによって、金銭などの資産の損失がある場合があります。これを補う働きがあるのが、保険です。世の中には、偶然に発生する事柄によって金銭的な被害が出るということは様々なことが考えられます。したがって、保険には様々な種類が存在しています。自分の家などが火災の被害にあった時のための火災保険といったものや、自動車事故のための自動車保険など、数多くの保険があります。そういった中でも国内で大きな市場になっているのが、がん保険です。日本においては三大成人病というものがあります。心臓疾患や脳血管疾患などと共に、がんは三大成人病に含まれている病気です。こういったことから、がん保険は大きな市場となっているのです。がん保険とはその名の通り、がんという予防の難しい病気が発生した時のための保険です。がん保険によって、がんになった時には治療費に充てられるだけの保険金が下りるという仕組みになっています。近年では何らかの病気の診断を受けた場合は以降の保険料を請求しないというプランもあり、長期入院の必要がない場合も損することが少なくなりました。自分の家計を考慮して選べる安価なものもあるようです。

がん保険の種類

がんという病気は、三大成人病として一般の人々に知られていることから、がん保険に入る人は増えているようです。がん保険と一言で言っても、中身は様々な種類があり、その中でも大きく二種類に分けることができます。それぞれメリットとデメリットがあるようです。一つ目は、終身型というものです。これは生涯を通じての保障があり、保険の加入時の条件の保険料を終身、または、ある一定期間まで支払うというものです。このタイプの保険のメリットは、更新が必要ないということから保険料が上がらないということや、契約を解約しない限りは保障が一生涯続くという点などがあるようです。デメリットは、別のタイプの保険よりも割高になるということのようです。二つ目のタイプは、定期型と呼ばれる保険です。これはその名の通り、五年や十年などのように、ある一定期間のみの保障を目的としている保険で、保険に加入した時点の保険料をその期間支払うというものです。この定期型のメリットは、終身型と比較して割安になっていることや、途中で変更したい場合も見直すことができるということです。デメリットは、終身型と違い、更新の必要があり、また更新を行うと保険料が高くなるということです。したがって、継続して続けることが難しくなるということがあるようです。

がん保険の選び方

もしもの時のための備えとして保険に加入をしておくことはとても有効です。日本人のおよそ二人に一人が一生の中で何らかのがんになる時代といわれています。かつてに比べると医療は急速に進歩したこともあり、早期に発見できると、発症した部位にもよりますが、必ずしも命に関わる病とは言えません。また高齢になってからの場合は、がんの進行も遅いので、とくにがんの特別な治療をすることなく経過観察だけということもあります。確かに医療保険や生命保険はその恩恵を受ける機会もあることでしょう。しかしがん保険は、がんにならない限り掛け捨てで終わってしまうかもしれないので、無駄に感じるかもしれません。しかしがんを発症した時は高額の治療費が必要となりますし、これまで通りの生活が遅れなくなることもしばしばあります。がん保険の選び方次第でいざというときの状況に大きな違いができてきます。一言でがんといいますが多くの種類がありますし、入院よりもむしろ通院のほうがはるかに長期化することがあります。選び方のポイントとして、長期入院を是とするかなどの希望は勿論、ライフスタイルも考慮しましょう。養わなければならない家族がいる場合は厚めの特約が良いですし、独身の場合は自分の入院費だけ賄えれば良いという人もいます。自分では判断し辛いなら、専門家に相談してみるのも手です。

がん保険の利用法

がん保険に加入をするだけでも、いざという時の備えがあるわけで、保険に守られているという安心感を持ちながら生活をすることができるようになります。いざ、がんの告知を医師から受けた時は確かに気持ちが動転して、何も手がつかない状態になってしまうでしょう。しかしよほど末期の状態で見つかった場合でなければ、今日の医療技術ならば何らかの治療ができます。活用法として、がんの告知を受けたなら速やかに加入をしている保険会社に連絡を入れなければなりません。がんを発症した段階で給付金が出るようになっているのが一般的ですし、給付金を元にして今後の生活や治療の対策が金銭の不安なくできます。医師と相談をした結果、手術をするのか、投薬や放射線治療などを選択するのかの判断が求められます。もしがん保険に最先端の治療法に対応したプランが含まれているなら、入院や手術以外に通院や放射線治療の可能な範囲を受けることができます。普段はなかなか加入をしている保険について詳しく確認をする機会がないかもしれません。しかし、病気というものは突然発覚することが多いものです。いつでも対応できるように、加入の際にはプランの保障限度などを詳しく聞いておきましょう。せっかく入った保険を最大限利用するために知り尽くしておく。これが基本的な活用法でもあります。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴