かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

傷害保険の活用法から考える選び方

傷害保険とは

傷害保険とは、その名前の通り傷害を対象にしている保険です。突然やってくる怪我に備えるための保険ですので、病気などの保障はありません。傷害保険は、予測できない突発的なできごとで自分以外の外からの原因によるものです。加入の際には、生命保険や医療保険のような健康状態の審査を受ける必要はありません。年齢や性別も関係ありませんので、傷害保険は入りやすい保険だと言えます。そのため、生命保険や医療保険など審査が必要な保険に入ることができない人も、怪我の補償だけでも欲しいという場合に利用できます。保険金は、死亡保険金と後遺障害保険金と入院保険金と手術保険金と通院保険金の5つが基本契約としてあります。特に、1日目から保険金が支払われる通院保険金が便利です。傷害保険では、飲酒運転や無免許運転などの法律違反のものや、スカイダイビングやハンググライダーなどの危険なスポーツの怪我は対象になりませんので、保険に入っているからと言って危険な行動を取らないようにするのが賢明です。傷害保険の利用は、車やバイクや自転車などの交通手段を使う人やスポーツを行う人が多いです。万が一の時のために保険に入ることで、安心して日々の生活やスポーツを楽しむことができます。

傷害保険の種類

傷害保険の種類は、24時間365日保障されるスタンダードタイプで保険の対象者だけを増やす普通と、交通事故に絞った保障内容の交通事故とそのファミリータイプと、旅行保険の国内旅行保険と海外旅行保険があります。傷害保険の種類の中でも、普通と家族は基本です。日常生活の中で起こる様々な怪我を対象にしています。加入がし易く保険料は格安ですので、便利な保険だと言えます。年齢による差もありません。また、10万円を超えない請求金額では自己申告だけで診断書の取り付けは不要です。そのため、少しの保険金のためにお金を払って診断書を取り付けるなどの無駄がありません。交通事故傷害保険とファミリータイプは保険の種類の中でも、交通事故や建物と乗り物火災による傷害に限定して保障します。自動車やバイクやバスや電車や航空機や船舶などに搭乗中や、歩行中の交通事故による傷害に対して保険金が支払われます。国内旅行保険と海外旅行保険は、旅行保険の種類の中でも割安で加入し易い傷害保険です。国内旅行は日本国内のみで海外旅行は海外旅行限定で、出発から帰着までの間の傷害に対して保障します。また、特約を付帯することで、賠償責任や携行品損害や捜索救助費用の保障もできます。特に海外旅行の場合、治療費用が高額になる可能性が高いため保障を手厚くするのが賢明です。

傷害保険の選び方

傷害保険というものがあります。これは交通事故や運動中のけが、火災、作業中の事故といった急激かつ偶然な外来の事故によってけがをした場合に、入院や手術、通院などの費用を支払うといったものです。具体的な補償内容や保険料は傷害保険によって異なってきますので、自分の状況にぴったりのものを選ぶようにしましょう。傷害保険の選び方としては、保険料と保障内容の比較をするというのが最も一般的です。例えば、日常的に車の通りの多いところを歩く機会があったり、スポーツをすることが多いなど事故に遭う確率が高い人の場合には、保障内容がある程度手厚いものの方が安心です。逆にすでに医療保険が充実していたり、危険性の少ない生活をしている人は、保険料が安くて最低限のものを利用するという選び方もあります。また、日常生活における偶然の事故により、他人にけがをさせたり、他人の物を壊してしまったというケースも少なくありません。予め保険金を支払ってもらえる賠償責任の付いたものを選んでおくと、自己負担なしに相手に対する損害を賠償することが出来ます。自転車を運転する機会が多い人、飼い犬が人にかみつくなどの可能性がある人などは利用すると良いでしょう。

傷害保険の利用法

傷害保険の活用法は、日常生活において突然の事故などで損害を受けた場合、できるだけ速やかに対象となる保険を調べることから始まります。傷害保険は自動車保険に付帯しているもの以外にも、通勤や勤務中の事故に対応する企業が加入している保険や医療保険などで保険金を受け取ることが出来る場合もあります。もちろん、傷害保険を受けたからと言って他の保険金を受け取ってはいけないということはありませんので、対象となるものについてはすぐに連絡をしましょう。この保険の活用法としては、家族がいる場合には対象者の範囲を決めたり、個人の賠償責任や、弁護士に支払う費用や携行品の損害なども補償するかどうかを決めることです。自分の状況にフィットしたものを選ぶようにしなければなりません。なお、手元に現金がなく、緊急性がある場合には病院での費用を保険会社から直接支払ってもらうこともできます。急な出費で困った時は、まず保険会社に連絡を入れて、病院で話をしてみましょう。傷害保険は基本的に国内の事故のみに適用されていますので、海外に行くときには別途旅行保険が必要になります。海外は特に治療費が高額になりやすいため、いざという時に備えて忘れずに加入するようにしましょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴