かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

生命保険の選び方は活用法と種類がポイント

生命保険とは

生命保険というのは聞きなれた言葉でしょうが、詳しい事を知らないという方も大勢いらっしゃるでしょう。どういったものかというと、生活をしていく中では事故や怪我、病気など命に関わるようなことが起こる可能性があり、そういった時に保険によって経済的な保障をするというものになります。生命保険は保険に加入している者が亡くなったりした時に、契約時に受取人に指定されている人へ保険金が渡されるだけだという風に思っている方がいるでしょう。実は亡くならない場合でも支払われる事もあります。しかし、亡くならい場合でも保険がもらえるのは保険の契約によって支払われるかどうかが決まるので、契約を結ぶ前にどういった保障があるのかという事を確認することが大切です。生命保険といっても様々なものがあり、保障の対象になるようなものが多ければ保険料も上がる傾向が一般的です。どの部分が必要でどこまでの保障は必要がないという風にしっかりと分けておくようにしましょう。きちんと検討する事によって保険料も抑えられ、適切な生命保険に加入することができます。既に保険に入っている方の場合には見直しするという方法もあるので、少しでも安くしたいと思っている方はまず見直すのもいいでしょう。

生命保険の種類

生命保険には、さまざまな種類があります。保証なども大きく違ってくるのでまだ生命保険に入っていない方の場合や、入っている方でもしっかりと確認するようにしましょう。既に入っている方の場合には、契約書などの中に詳しく描いているので、小さな文字で読みにくい場合でもしっかりと読むことが大切です。具体的にどういった種類があるかというと、亡くなった時に支払われる保険があります。一定の期間が予め決められ、その期間の間に亡くなった場合に支払われる定期保険というものです。この方法は貯蓄などがある程度あって定年までの期間まで働くことができたために保険金は必要がない、という方の場合に向いています。この生命保険は期間が決められているので保険金が支払われないという事もありますが、メリットとしては保険料がある程度抑えられるので一定の人気を集めています。他には医療保険という、病気や怪我をして手術などが必要になった時に支払われる保険があり、治療費の負担を減らすことができるので病気になった時に家計から出る治療費を抑えたいという方には良い方法になります。保険によって保障される病気が違う場合が多く、全ての病気に保険金が支払われるわけではない場合もあるので、どのような契約にするかという事をしっかりと検討する必要があります。

生命保険の選び方

生命保険と言うのは契約者の命が失われた時に一時金が支給されるという商品です。そのためその保険金を受け取るのは契約者本人ではないのが基本です。こういった保険を契約する目的は、自分が何らかの事情で命を落とした時に残された家族の当面の生活に支障をきたさないようにするという目的があります。そのため自分の命が失われた場合のリスクと月々の掛け金を考えて必要最低限の額の生命保険を選ばなくてはなりません。保険には、各家庭に沿った適切な選び方と言うものがあるのです。なお、特別なローンを組んでいる場合には生命保険の選び方にも注意が必要になります。そのローンが住宅ローンである場合、残された家族が残った住宅ローンを引き継いで支払っていくというのは非常に困難なケースが多いものです。よって、死亡時に住宅ローンを完済できるだけの保険金が入る様に契約を組むというのは多く選ばれている保険のあり方です。このような生命保険の契約をすることで万が一の場合にも自分の家族の住む家を守ることが出来るのです。生命保険は、住宅ローンを組む場合には必須とも呼べるものになっています。そのため殆どのケースで住宅建築時にこういった対策としての保険加入も行っています。

生命保険の活用法

生命保険の活用法というのは、自分自身が何らかの事情で命を失った場合に、大切な家族の当面の生活を保障するという目的のためにあります。あるいは多額のローンを組んでいる場合、自分の命が失われた場合に周囲に迷惑をかけずに済むようにと保険金で借金を完済する方法を考える人が多いです。金銭的な不安を取り除くため生命保険と言う選択肢を取る場合があるのです。いずれのケースについても自分の命が失われた場合に想定されるリスクを、最小にするための契約をするという意味になります。生命保険の活用法というものは、概ねこのような考え方が一般的です。もしも生命保険をかけていなかった場合、共働きなどの状況でなければ家族の生活はすぐにでも破たんする可能性があります。遺族がすぐ働きに出ることができればまた別ですが、小さな子供を抱えていて動けないということも考えられます。そのような場合には当面の生活費に困らないように大きな金額を残す手段として保険契約するということがあるのです。または大きなローンを組む場合には連帯保証人や家族に迷惑をかけないように生命保険に加入するというのが一般的になっています。このように最悪のケースを想定して、いざという瞬間でも困らないようにかけるのが保険であると言えます。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴