かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

火災保険の保障と料金比較できるランキング

火災保険のランキングから考える選び方!ライフステージ編

火災保険に関して、特に賃貸で暮らしている人の多くが契約時に思うことなのですが、「これって本当に必要?」と疑問に感じた記憶はありませんか。法的は義務というのは、実は存在していません。では何故みんな入るのか。それは失火責任法というものが関係しているのです。仮に火元が自宅ではなくても、風向きだったりマンションでは上下の出火の影響を受けたりと少なからず損害を被るでしょう。そんな時に役立つのが、この火災保険です。火災保険は家財に関するもので、出火元が自宅でなくても保障を受ける権利が発生します。持ち家であっても賃貸であっても、ライフステージに関係なく、加入しているなら内容に多少の違いはあれど保障してもらえるでしょう。賃貸の場合は火災保険への加入が部屋を借りる条件として盛り込まれている場合も多くあります。持ち家だと加入の機会が少ないかも知れません。しかし、いざという時にいくらかでも保障があるというのは心強いもの。できる限り入っておきたい保険です。加入を検討する際は、ランキング情報も非常に参考になります。実際に比較する際には家に高価なものはどれくらいあるか、賃貸か持ち家か、また家族構成などのライフステージが深く関わってきます。ランキングを見る前に一度整理しておくと良いでしょう。

火災保険のランキングから考える選び方!料金編

火災保険のランキングを見る際に非常に気になるのが、保険料金でしょう。賃貸の場合は部屋そのものはオーナーが保険加入していますので、家財に関する保険が必要となります。だいたいの場合は2万円前後あたりが平均のようです。これは毎月のかけ金ではなく一つの契約期間を一度で支払っているため、高めの金額となっています。しかし契約期間を月割りにして考えると数千円程度なので、実際の金額としては、けして高すぎるということはありません。賃貸ではない家に住んでいる場合や保険会社によっては、部屋の広さや家族構成で料金が変わってきます。ランキング情報を参考に火災保険の契約先を選ぶ時には、その点も忘れずに確認しましょう。また、火災保険の多くは高額のジュエリーなどを保障の対象外としているプランが多いので、申告などでカバーしなければなりません。勿論、申告すれば保険料にも反映されるので料金が高くなるのは必須と言えます。料金を抑えながら保障を厚めにしたいのは、誰もが考えることです。ランキングで料金情報を見ながら、保険料の算出方法についてと高額アイテムへの保障条件をしっかりと明記している保険会社を探しましょう。一度無料の保険相談をしてくれる窓口で試算してもらう方法も効果的です。

火災保険のランキングから考える選び方!保障内容編

火災保険の加入時に気を付けておきたいのが、どういった時に保障がおりるのかなどをしっかりと理解してから契約することです。例えば地震が元で起こった火災は地震保険なら対応出来ますが、火災保険ではおりないというケースもあります。この問題点をカバーするために地震保険などの保障も充実したものがとても人気となっています。ランキングなどを見ていくと、値段がリーズナブルなものも多く、保障内容に関しても、まずは大まかな所は大丈夫な保障となっているものばかりです。しかし前述のような保障対象外の場合もありますので、安価なプランを選ぶ際はしっかりと契約などを結ぶ前に保険会社の担当者に聞いて確認しておきましょう。また、保障はあくまで一般的な家財を想定しているものばかりです。美術品など高額なものの保障は含まれない場合が多いので、もし心当たりがあるなら契約時に申告しておくことをおすすめします。保障されなくても良いから保険料を安くしたい、という人は申告する必要はありません。しかし、いざその時になって後悔するよりも予防策として多少のお金で安心できる方法をとるのも、悪くはないのではないでしょうか。因みに高額品の基準は保険会社によって違いますので、判断し難いものは一度相談してから契約に盛り込むか考えてみましょう。

火災保険のランキングから考える選び方!契約期間編

火災保険は、基本的には1年や2年契約をして更新をその度に行っていく形式や、複数の40年分をまとめて契約するなどといった支払方法もとれます。ほとんど保障内容などに違いが無ければ、ランキングの上位の所から自分に合ったものを探して加入すると言った方法も良いのかも知れません。保険会社によっては部屋の広さや家族構成などから保障する家財の額を試算し、それを元として保険料を決定するものもあります。多くの場合が1年や2年毎の契約更新の際に一括支払いなので、払う際は高く感じてしまうかも知れません。しかしそれを契約期間で割ってみると、1ヶ月にかかっている保険料は他の保険と大差ない額となっています。よって更新が何度もあると煩わしいと感じる人は、長期の契約で済ませると面倒が減って良いのですが、これには注意点もあります。生活スタイルは変わっていないように見えて、実は少しずつ変化しているものです。その変化に伴い家族構成などのライフステージのみならず、家財の額も変動しています。こうなると余分なお金を払ってしまっていることになり兼ねません。無駄を回避するためには、多少面倒でも1年や2年の更新形式での契約が良いと言えるでしょう。ランキングを参考に、その都度より魅力的なプランに変更することができます。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴