かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

シニア保険のランキングは契約期間も重視

シニア保険のランキングから考える選び方!ライフステージ編

シニア保険は、ランキングなどを上手く活用して個々のライフステージにあわせたものを選ぶ必要があります。老後のための資金は重要なものですが、シニア保険に加入する際には、親族のことも考え、ライフステージに合わせて介護などの面も考慮した商品を選びたいものです。そのため、複数の選択肢を掲載するランキングから最適な商品を選ぶ方法もおすすめです。家族が仕事をしながら介護をするのは難しくなることが多く、専門の介護要員の方にお願いする家庭も多い現代。このようなケースに備え、介護の資金の準備もしておかなくてはなりません。 シニア保険には、それぞれのライフステージで個々の保有する貯蓄を活かすことができるものが多くあります。特に、この時期には、勤務先の保険契約などが無くなる方も多く、新たな保険への加入を検討する必要が出てきます。この年齢になると体調不良も頻繁に経験するようになり、女性の方の場合は更年期障害などの問題が出てくるケースがあります。限られた収入の中で治療費と生活費をまかなう必要が出てくるので、しっかりとした医療保障に加入しておく事が重要になるのです。シニア保険を選ぶ目安としてランキングを参考にするなら、現在のライフステージだけではなく、将来的に介護の必要性がどれくらい発生しそうかなどを家族で話し合ってから保険に求める希望点を反映させると良いでしょう。

シニア保険のランキングから考える選び方!料金編

シニア保険に加入する際には、インターネット上のランキングなどを利用して、個々の予算にあった商品を選ぶ必要があります。 そして、各商品の長所を把握し、料金形態を理解したうえで最適な保険を選ぶようにしなくてはなりません。具体的には、シニア保険では生命保険に貯蓄と保障を組み合わせたタイプがありますが、これらの要素は盛り込まない方が良いでしょう。 生命保険に加入する際には貯蓄性のある商品を選ぶ方も多くなりますが、貯蓄を重視する場合は、ランキングなどを参照して貯蓄性に優れた商品を選ぶ必要があります。そのため、シニア保険の医療費の面の保障は、ある程度抑えて加入する事になります。貯蓄と保障を分ける必要性は、満期の保険金が受取れるケースで、養老保険などの商品に特約がある場合に考えられます。これは主契約の保険で積み立て、特約で医療面の保障を得ている状態です。この場合は、満期で医療特約がなくなり、医療保険だけを維持できなくなるので、特約として加入している場合は注意がしておきましょう。医療保障が必要になるのは高齢になってからで、特約よりも医療保険がメインの医療保障が充実した商品を選んでおくと安心ですね。保障内容の違いとともに料金形態も異なるので、ランキングからその違いを読み取り、ライフステージにあわせた商品を探しましょう。

シニア保険のランキングから考える選び方!保障内容編

人は高齢になるにつれて病気になることが多くなったりして健康面での障害が出てきます。だから若いころよりも病院に行く機会も増え、治療費もかかってしまいます。そのような事態に直面しても心強い味方がシニア保険です。シニア保険は50歳以降でも加入することができ、健康状態の告知をしなくても加入ができたりと、加入の条件を緩和している保険です。シニア保険商品はいくつかありますが、どの会社の商品が人気なのでしょうか。そのランキングを見てみると、保障内容で人気があるのは、持病がある人も加入できるというものです。告知内容がすべて「いいえ」なら既往歴があっても加入することができます。しかもその既往症が再発したり、悪化した場合も保障をしてもらえるというものです。また入院保障は日帰りの入院の場合でも対象になるものが人気です。60歳以上から加入でき、元気な人はもちろんのこと持病があっても要介護の方も加入することができるものも人気です。それは月々数千円程度からという少額の掛け金なので、手軽に加入することができます。もしものとき、つまり施設や病院を退去するときや葬儀にかかる費用なども確保できるものがあります。ランキング上位にあるものの特徴が分かったら、その中で自分が欲しい保障はどれなのかを熟考して後悔の無いプランを選ぶことが大切です。

シニア保険のランキングから考える選び方!契約期間編

次に契約期間から見た人気のシニア保険ランキングはどのようになっているでしょうか。契約期間はだいたい1年ものと5年もの、また終身のものがあります。ランキングを見ると終身の方が人気があるようです。高齢の人が加入するものですが、亡くなるまで保険金を支払う分、ずっと保障がついているというものが人気です。今までは保険は健康で、既往症がない人のみが対象とされていましたが、健康に不安を感じる高齢者ほど保険に加入している安心感が欲しいものです。それを実現させたものがシニア保険なのです。保険会社としては保険金を支払う機会が、健康な人の加入している保険に比べて多くなってくる分、月々の保険料はシニア保険の方が高くなりがちです。それでも今後出てくる不安を解消してもらえるという安心を与えてもらえるものです。シニア保険は、たとえばある保険ならけがや入院の補償は一生涯、手術の補償も一生涯、2週間以上の退院後の通院に対する補償も一生涯、そして先進医療の補償は90歳まで、お葬式の補償も90歳までついている商品もあります。持病があっても加入ができて、契約した数年間または一生涯守ってもらえる保険なのでシニア保険はますます需要が高まってきています。これからますます高まる高齢者社会において誰もに求められる保険商品です。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴