かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

自動車保険はライフステージに沿った料金で

自動車保険のランキングから考える選び方!ライフステージ編

自動車保険会社のランキングからその概要を述べます。自動車保険会社を選ぶとき、ライフステージに合った保険を選ぶことが重要です。ランキング上位数社は圧倒的に加入者数が多いものばかりです。人気を集める理由として、定額ではなく年間の走る距離を目安に保険料を算出したり、コールセンターでオペレーターが親切丁寧に相談に乗ってくれたり、事故が起きた時のフォローが充実してるという点があります。また、最近では50代や60代の事故率が低いことに重きを置いたプランなども出てきました。こちらもじわじわと契約数を確実に伸ばしているようです。自動車保険を選ぶときは、こういったライフステージに見合ったものが複数出ていますので、自分の経済状況などを加味して比較検討しましょう。年間走行距離(例えば3,000km未満、3,000km~5,000km、5,000km~7,000km、7,000km~1,0000km、1,0000km以上他)、運転免許証の色(例えばゴールド、ブルー)、利用形態(例えば通勤通学、日常レジャー他)、自動車の排気量(1500cc未満、1500cc~2,000cc未満、2,000cc以上他)などのライフステージが参考となります。ランキング上位を選ぶのではなく、あくまでランキングも良くて自分にぴったりのものを選ぶことが後悔のない契約となるのです。

自動車保険のランキングから考える選び方!料金編

自動車保険を選ぶとき、保険料金から選ぶのも一つの手段です。ランキング上位は、保険料金の安さで知られている会社が不動となっているようです。しかし上位一部では、保険料金が高めの会社もあります。保険料金の安さだけで選ぶなら、実のところどれも似たり寄ったりです。保険料金の内訳としては、対人対物、搭乗者傷害、人身傷害等の基本事項と車両保険があります。対人対物については、無制限が一般的になっています。搭乗者傷害はほとんどの場合3,000万円位が妥当なところです。人身傷害は1500万円程度が妥当と言えるようです。また車両保険については、車対車免責、自損事故などがあります。これらをどのように選ぶかは、ユーザーの選択にかかってきます。そのほかオプションの付帯サービスとして、事故時、故障時のロードサービスがついているものもあります。最近では保険証書が発行されないので失くす心配がない、という商品も出てきました。ランキングで保険料を見たいのなら、ただ毎月の支払額だけを見るのではなく、払う料金に見合った保障があるかを見極めましょう。プランによってはその付加価値といえる保障が料金以上に感じるものもあります。安い料金のものばかりがランキング上位にある中で、高い保険料のものが食い込んでいるのは、そういった付加価値の高さが人気だからなのです。

自動車保険のランキングから考える選び方!保障内容編

車を所有しているようであれば、自動車保険には必ず入ることが求められます。しかし、色々な会社の自動車保険がありますので、どこのプランに入るのかというのはとても判断が難しいかもしれません。できるだけムダがなく、また保険料は押さえたい、しかし手厚い保障は欲しいというのは当然の望みです。色々な自動車保険を検討してみる必要があるでしょう。そこで注目すべきはランキングです。保障内容や条件であったり、料金、そして複数をランキングで比較することで、自分と家族にとってぴったりマッチした保険を選ぶことができるでしょう。最近では自動車保険のオプションとしても、たとえば子供が何か相手の物を傷付けてしまったり壊してしまった場合の賠償が出るものもありますし、そういったものを組み合わせる事で万が一の時に役立つものになります。何かあった時に昼夜を問わず無料で駆けつけてくれるというロードサービスを特典で行っているところもあります。迅速に対応してもらうことができる保険屋というのは、ランキングでも常に上位に名が挙がるようです。高い料金を払えば保障が厚くなるのは当たり前ですが、少しでも料金を抑えてクオリティの高い保障を得たいなら、ランキング情報で探してみるのが最短となるでしょう。

自動車保険のランキングから考える選び方!契約期間編

自動車保険は、車を所有して乗車するという場合には必ず加入していなければなりません。もしもの時に入っていてよかったと思うような保証内容のものを選びたいわけですが、契約するに当たり条件というのもあります。たとえば年齢であったりしますが、最近の自動車保険はとても契約の際に細かく分かれているものもあります。通勤の時にマイカーを使うか使わないか、もしくは休日しか使わないか、などが基準とされるプランも多いのです。さらに走行距離がとても少なかったりすると、それだけで毎月支払う保険料が安くなるという保険商品もあります。また、保険が満期となるまでの契約期間についても注視しておかねばなりません。事故などで保障を請求した際は次回更新後から保険料が割高となってしまいます。請求さえしなければ更新時も料金は高くなったりはしないのですが、こういった変動時こそ保険契約し直しのチャンスでもあります。新しく契約をする前には、ランキングや口コミなども参考にして、色々なところから比較をして検討をすると良いでしょう。今現在に満期を迎えるプランよりずっと安く済む商品もあるかもしれません。ランキングで上位になっているところというのは、それだけ多くの方に支持されているということで、何かちゃんとした理由があるのです。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴