かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

介護保険で気になる料金と保障ランキング

介護保険のランキングから考える選び方!ライフステージ編

介護保険制度について、基本的にはこの制度は公的制度ですから、医療と同じように自己負担がほとんどの場合にあります。そのため、利用する時間やサービスの種類が増えれば増えるほどその1割の自己負担が多くなるという制度になっています。この介護保険制度を利用する際には、1か月の負担がどの程度になるのかと、そもそもの話として、そのサービスが要介護者にとって本当に必要なのかどうなのかを介護支援専門員いわゆるケアマネジャーが判断するというのが前提となっています。ケアプランに位置付けられたサービスの自己負担分が重くなる場合があり、民間の保険に頼る方がいいようなケースもあります。ライフステージに応じてランキングもあるなど、様々な視点から検討がなされているところです。介護保険制度はさらにこの一か月の利用負担の限度額が決まっているという制度でもありますから、ライフステージによって、その利用を変更すればいいというだけにもいかないケースがあり得ます。こうしたことを総合的に考えた上で、どこの民間の保険を利用するのがいいのかをランキング形式で評価しているところを参考にしながら、よりベターなところを選ぶようにするといいでしょう。

介護保険のランキングから考える選び方!料金編

介護保険制度は公的サービスですがその料金のほとんどは税金と40歳以上が支払う保険料とで賄われています。ただし、この保険料の部分が曲者で、その地域でたくさんこの制度を利用すれば、その分保険料負担が増えるという制度になっています。つまりは、施設利用者が多い地域は40歳以上が支払う介護保険料は高額になりますし、逆に介護予防に力を入れて施設に頼らない地域ではこの保険料が少なくて済むという傾向があります。地域間格差は3倍以上になるというデータも近年ではあります。実際の契約前には、まずはその地域での介護の状況をよく把握する必要があります。みんなが元気な地域で自分も大丈夫だと思えば、料金を抑えたプランのランキングを参考にして加入を決めればよいですし、逆に施設ばかりの地域については、毎月の保険料の支払いと入居費用などを考えて、税金関係はともかく入居して施設にお世話になると想定すれば、施設系に強い介護保険ランキングを参考にするといったことを考えるようにしなければなりません。こうした情報はなかなか公的には見つけられにくいのが現状です。そのため、保険会社にその地域でどの程度の利用者がいてどのくらいの保険料負担が発生しているのかなどの情報収集を行うことが必要になります。

介護保険のランキングから考える選び方!保障内容編

介護保険のランキングから考える選び方と言う事で、保障内容について考えてみましょう。やはりランキング上位の介護保険は保障内容も充実している物が多く、特に問題なく加入する事が出来る状況だと考えられます。そう言った良い条件での取引を行えるのであれば、特に介護保険の役割としては、老後の介護などで保障を受けるケースとなる為に、出来るだけ若いうちから加入する事が望まれます。安い掛け金を毎月積み立てていく事が出来る状況であれば家計の負担も深刻に心配する必要がありません。現在では介護保険なども年末調整で還付を受ける対象となっている為、加入を考えている方も増えている状況だと考えられます。そう言った所で保障などが充実している内容の商品をランキングなどで見つけていって、契約を行う事で、とても良い取引につながるのではないでしょうか。しかし保障などの面で考えるとやはりランキング上位の介護保険であっても、その情報だけで判断するのは早計とも言えます。あくまでランキングは参考に、保険の相談員に無料相談などを受けて色々と保険について説明を受けながら、ご自身にあった保険の内容などに加入するようにしましょう。その為にも、ランキングもしっかりと把握しながら自分の希望を整理し、話を聞くとより良い契約となるでしょう。

介護保険のランキングから考える選び方!契約期間編

介護保険の一つの選び方として、契約期間を参考にする方法もあります。契約期間と一口に言っても、文字通り契約した日から解約する日までの間を指す場合もあれば、実際に介護が必要となったため保障が適用されている期間を指したり、保険会社が保険料の支払額を算出する際に目安とする期間のことを言う場合があるのです。ランキングなどの情報サイトで契約期間を参考とする際も、この三つのパターンがあることを念頭に入れておいてください。では実際に、参考にする時はどのような基準で見れば良いのかですが、それは契約者が求めるものにより変わります。毎月の支払額を抑えたいのであれば、保険料算出の目安とされる契約期間に重きをおきましょう。目安になる期間はほとんどの保険会社で1年間となっています。1年間、保障を利用するようなことが無ければ、あるいはごく少数の額であったなら、支払う金額も少なく済むのです。単純に契約の期間、つまり支払い続ける期間を参考にしたいなら、終身型かそうでないかのタイプ別でランキング情報を見た方が良いでしょう。死亡時の保障や保険料についてこだわらないのであれば、保障が適用される期間について重点的に比較すると心配の少ない契約に結び付けることができます。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴