かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

生命保険のランキングで適正料金も知る

生命保険のランキングから考える選び方!ライフステージ編

生命保険を検討するときによく聞かれるのが、ライフステージにあったものにしよう、ということです。ライフステージとは、あなたが今どのような生活や環境、家族構成なのかということを考え、一般的なライフプランの各段階を示したものです。一人暮らしなのか、夫婦二人での生活なのか、それとも子供もいる生活なのか、親を扶養に入れているのかなどなど、様々な状況が考えられますよね。また、年齢や仕事の状況などによっても、必要となる生命保険は大きく変わってくるのです。どの生活が悪い、というようなものではありません。それぞれその人にあった生命保険があるので、とにかく比較検討してみる対象も大きく変わる、ということなのです。最近はランキング形式で生命保険の適しているプランを教えてくれるサイトがたくさんありますが、ランキングをチェックしているとこのようなライフステージに応じたものもあります。そのようなものをチェックしていると、独身の人向けや、家族持ち向けなど、様々な生命保険のプランが見えてきます。それぞれの生活状況に応じて必要な保険は変わってきますから、チェックすることであなたの今のライフステージに応じた保険が見つかりますよ。

生命保険のランキングから考える選び方!料金編

生命保険に関して言えば、比較的料金とサービス内容や保障の手厚さは比例する傾向があります。ただし、これはあくまで傾向でしかありません。最近の生命保険の傾向としては、低価格でもかなり充実した商品やサービスを作っているという一面があります。特に生命保険は一度加入して、ずっとそのままというよりは、定期的にどのようなことが出来るかをチェックすることが当然となりつつあります。その都度、比較的新しい病気や増えてきたがんの種類に適用しているようなものを選ぶことで、いざという時には対応しやすくなっています。最近のランキングには、乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんに対して保障がついている女性向け保険や、子供にありがちな事故や怪我でもかなり手厚い保障があるものもあります。ただしその場合は家族向けですから、独身の方が入るのには適さないものです。独身の場合は、怪我や病気に対しての保障が手厚いものに絞って入りましょう。特に若い世代ならば事故や病気の可能性も低いので、保険内容も安い分料金を安いものに抑えることで、だいぶ節約になります。おすすめなのは、そのようなランキングをチェックして定期的にお得な生命保険が出てこないかをチェックするということでしょう。

生命保険のランキングから考える選び方!保障内容編

生命保険に加入するとき、保障内容が必ずしも同じものばかりではありませんので、どれを選べば良いのかで迷う人も少なくありません。こんなときには、生命保険のランキングで上位のものを比較してみるというのもおすすめです。ランキングサイトでは、実際に利用している人の評価が書かれていることもありますので、利用者がどういった基準で生命保険を選んでいるのかということを知る手がかりにもなります。生命保険を利用するときには、単純に保険料が安いものを優先的に選ぶのではなく、自分が今必要としている保障を受けられるかどうかで絞り込む必要があります。たとえば、独身の若い世代ならばそれほど手厚い内容のものは必要ありませんが、結婚して子供が生まれると、特に収入源となっている人が死亡したときには残された家族が生活できなくなる可能性があります。そのため、死亡や重度の障害に対する保障は十分なものにしておかなければなりません。逆に、子どもが独り立ちすると、死亡保障はそれほど必要ではなくなりますが、医療費がかかる年代に入っていきますので、医療面での保障が十分受けられるような保険に加入する必要があります。このように、保険はこまめな見直しが重要です。

生命保険のランキングから考える選び方!契約期間編

生命保険を契約期間という点から検討してみると、結婚などを機にこまめな見直しが必要ですので、ライフイベントが活発に発生する若い年代の内は、短期間の契約でも問題ないでしょう。若い年代というのは、突発的な怪我はともかく病気などで生命保険を活用できるケースというのは可能性が低くなっていますので、掛け捨てで短期間のものがランキングでも上位に入っています。一方、結婚して子供が生まれた世代になると、学資保険や子どもの生命保険などで保険料がかさんでくるため、長期間で必要な保障を受けることのできる、コストパフォーマンスの高い保険がランキング上位に上がってきます。一旦子どもが生まれると、独立するまではそれほど大きい変化はありませんので、徐々に死亡保障の金額を下げることはあってもそれほどこまめな保険の見直しというのは必要なくなります。そのため、できるだけ安く、必要な保障のみを受けたいという考え方がこれまで以上に強くなります。子供が小さいうちは親もそれほど年をとっていませんので、やはり病気での入院という可能性が低くなっていることも、保険料の金額を下げて保障を最低限にしたいというように考える原因の一つにもなっています。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴