かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

大分県から探す

大分県の市区群から探す

大分県の保険窓口一覧

大分県の保険窓口3店舗

大分市

大分県の生命保険に関する相談事情

大分県における生命保険契約について

大分県の生命保険契約者数と平均保障金額の近年をデータを見てみると面白いことがわかります。大分県の生命保険契約者数は右肩上がりに数を伸ばしています。一方で保障金額の平均額は毎年額が減り続けてきました。実はこの現象は全国的に起きていることであり、大分県も例外ではないのです。この現象には女性の社会進出が大きく影響していると考えられます。女性の社会進出が盛んでなかったころは、夫にもしものことがあった時のための生活保障として、夫の生命保険に多額の保障金額を設定していました。しかし、女性が社会進出し、自身で収入を持つようになったので、夫にもしものことがあっても生活に困窮しないため、多額の保障金額を設定する必要がなくなったのです。そして夫の保障を減らした分、女性自身が生命保険に加入することでリスクの分散の効果が得られるので、女性の加入者が増加したのです。これが契約者数は増加したものの、一人あたりの保障金額が大きく減少した、という生命保険のデータを裏付ける一つの要因と言えるでしょう。また、女性の社会進出だけではなく、高齢者数の増加なども関係しているようです。老衰での死亡率が高い大分県では、若い世代ほどの高額死亡保障を必要としていない人が増えてきました。そのような人が低額の保障に乗り換えた背景も一つの要因としてあるのです。

無料保険相談で生命保険見直し、無理な勧誘はありませんか?

生命保険の見直しを考えています。現在加入している生命保険は、20代の頃休みなく働いていたとき保険会社の知り合いにすすめられて加入したものです。今考えると当時は保険の知識も全くなく、将来設計など何も考えていませんでした。今では家族もできて子どももおり、生命保険見直しをしてみようと思っています。とりあえず無料保険相談を受けてみようと考えているのですが、無理な勧誘はありませんか?それほど保険に詳しくないため、どこまで相手の話を信じればいいかわからず、すすめられるがままに加入してしまいそうなのですが、どうすればいいでしょうか?

答え

私も親戚に保険会社の営業の人がおり、その人の勧めでよくわからないまま加入した経験があります。一度無料保険相談で生命保険見直しをしてみるのはとても良いことだと思いますよ。今あなたが入っている保険の内容がどんな内容であるのかの確認や、何が必要で何が不必要なのか、見直すことで将来に対して安心もできますし、お金の節約にもつながります。お子さまがいらっしゃるなら尚更ですよね。私がおすすめなのは、様々な保険会社を取り扱っている窓口に相談に行くことです。多いところで数十社の保険会社を扱っているところがあるようです。こういった窓口ですと、多くのプランを比較することができるので、きっとピッタリのものが見つかると思いますし、窓口の人も無理に特定の会社のものをすすめてくることもないでしょう。

保険相談 学資保険はどこがいいですか?

保険相談です。子供の出産を機に学資保険の加入を考えています。ネットでいろいろな保険会社を比較していますが、いまいちポイントが分かりません。どこの保険会社の学資保険がいいか教えてください。子供が生まれたら絶対、保険は必要ですよね?子供は、大学まで行かせたいと思いますし、やりたいことをやらせてあげたいと思います。そのための学費を今から準備しておきたいです。生活にゆとりがあるというわけではないので、毎月の保険料も気になります。

答え

学資保険選びのポイントは、支払った保険料が元本割れしないかどうかということでしょう。学資保険は、子供の教育費の準備のための保険商品ですので、元本割れのリスクは絶対避けるべきだと思います。保険会社のホームページで「返戻率」の比較をしましょう。返戻率が高いほど、支払った保険料に対して受け取る保険金が多いことになります。返戻率が100%を割るものは元本割れ、ということですので、必ず100%以上のものを選んでください。一般にいろいろな保障がついていないシンプルなものが返戻率が高いです。医療保障などにも目が行きがちですが、あくまで子供の教育費の準備と割り切ってください。子供の学費は、必ず学資保険で準備しなければいけないわけではありません。例えば、予定利率の高い養老保険に加入していたら、わざわざそれを解約してまで、新しい保険に加入する必要はありません。無料の保険相談などもありますから上手に利用してくださいね。

個人年金保険の保険見直しはどうすればいいのでしょう?

若い頃に、いずれは公的年金が機能しなくなるから、と言われて個人年金保険の定額型で契約をしました。貯蓄としての役割も果たすとも聞かされていたので、これなら損はないと思い、ずっと保険料の支払いを続けてきました。ただ、もし私が死亡したときには預金を引き出すだけのことで、生命保険のように死亡保険金として受け取るのではないと知ったのです。生命保険金なら相続の非課税枠がありますが、個人年金保険にはそれもないといいます。このまま続けていっていいのかどうか、迷っています。保険見直しをするにはどこへ連絡をすればいいでしょうか?

答え

個人年金保険というのは、保険という名がついていますが、要は預けたお金が保険金額となるのであって、保障といった性質のものではありません。おっしゃっているように、お亡くなりになったときには死亡保険金として保険金受取人に支払われます。定額型契約とのことですので、加入された時点で将来の受け取り額の予測ができ生活設計がやりやすいというのが大きなメリットです。また、個人年金保険料控除が使えますので、毎年の所得税が少なくなる点も評価されています。もし、保険見直しをされるのであれば、ネット上の無料相談サイトを活用することをおすすめします。その際、特定の金融機関や保険会社が運営しているサイトですと、自社の利益を優先される恐れがあるかもしれません。どこにも所属していないアドバイザーのいるサイトを選ぶのが大切です。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴