かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

奈良県から探す

奈良県の保険窓口一覧

奈良県の保険窓口8店舗

生駒市
奈良市
大和高田市
大和郡山市
北葛城郡王寺町

奈良県の中で生命保険につけたい特約とは

奈良県における生命保険契約について

多くの神社仏閣が立ち並ぶ奈良県は、その温暖な気候に合わせるかのように、住民もおっとりとのんびりとした人が多いようです。また堅実で、経済観念もしっかりしている人ばかりです。そんな奈良県の人口はおおよそ140万人ほどであり、関西圏においては規模が小さい部類に入ります。そして奈良県における生命保険契約についてですが、他県と同様毎年加入者の数自体は増えてはいるものの、それほど劇的な数字の変化は無いようです。また、過去5年間での奈良県における生命保険の平均保障金額についてですが、他の県同様に年を経るごとにその金額が減りつつあります。加入者数の増加数が他県より穏やかな上昇を見せている一方で、保証金額の減額の程度は他県と大差ありません。つまりは加入者一人に対しての保障金額の差が、他のエリアより差が出ているところに特徴があるようです。病気の特徴としては、がんによる入院治療が全国的に見ても多い傾向にあり、奈良県民が保険加入を考えるならばがん特約のプラン盛り込みを検討しても良いかも知れません。食生活でもコーヒーや緑茶の消費量がなかなかに多い点が目立ちます。一方で鍼灸院など医療関係の数は格段に多く、健康への意識が高いけれど美味しいものも好き、という二面性があるようです。

無料保険相談で満期金付きの生命保険見直しをしたい

家計を整理するため、生命保険見直しを考えています。今契約している保険は、医療保障と生命保障に満期金が付いたプランです。満期の時にまとまったお金がもらえるのはうれしいのですが、保険料が高いのでどうしたものかと迷っています。無料保険相談にお願いしようかと思っていますが、満期金付きの保険はそのまま置いた方がいいかそれとも解約してしまって保障のみのプランに入りなおした方が得なのか、そういったこともアドバイスがいただけるのでしょうか。

答え

保険にはいろいろなタイプがあります。解約や満期時の返戻金ということで分類すると、保障のみでお金の戻りがない掛け捨てタイプと養老型や満期金付きと呼ばれる貯蓄性のある保険に分けられます。保障のみのプランに比べると、満期金の付いたプランの方が当然保険料は高くなりますから生命保険見直しでは悩むところです。無料保険相談では、あらゆる保険商品について熟知したFPつまりファイナンシャルプランナーが個人のライフステージに合った保険のアドバイスをしてくれます。満期金のついた保険プランですとどうしても保険料は高めになってしまいますが、据え置くことに意義があるため早々と解約してしまうと不利な結果になりかねません。ファイナンシャルプランナーの無料保険相談を受ければ、総払込保険料と戻り金をわかりやすく提示してくれますし、保障中心にした方がいいのかまた貯蓄性を重視すべきかなどのアドバイスももらえるはずです。

学資保険についての保険相談がしたい

子供が生まれてから子供の将来について考えるようになりました。今は生活費にも困ることなく暮らしていますが、これから先、何があるかわかりません。貯金をしていこうと思っているのですが、それと同時に学資保険のことも検討をしています。学資保険は将来のことを考えてかけた方がいいのはわかるのですが、詳しくわかりません。有名な会社の保険なら入ってもいいなと思いますが、保険相談をして色々な会社を比べた方がいいのでしょうか?

答え

子供が生まれると将来のことを考えるようになりますよね。私も子供が生まれてからすぐに学資保険に入りました。支払いをしている時は何のメリットがあるのか分かりませんでしたが、子供が入学をする時にお祝い金がありそれで進学の準備をすることができました。私も保険の事は全く知らなかったので、保険相談をしてから保険に入りました。会社毎に違いがあるので、有名どころだからと言ってすぐ入らずに、相談をして入った方がいいと思います。色々な会社を比べてみると違いがわかり、自分にあった保険を見つける事ができると思いますよ。学資保険は物入りの時にとても役に立つものなので、入っていて損は無いと自分の経験からお答えできます。まずは相談をおすすめします。

保険見直しで個人年金保険の加入はどうでしょうか?

現在私は定期付保険に加入をしています。病気や怪我の時にも対応できるように医療特約もつけています。今まではそれで充分だと考えて来ましたが、将来を考えると生活に不安を感じるので何か対策が必要だと感じています。それには保険をもっと充実させる必要があると考え、保険見直しが必要だと思い調べたところ個人年金保険の加入が安心という記事をいくつも見ました。公的年金だけで生活して行けるかという不安は持っていますが、個人年金保険の加入は本当に必要でしょうか?また、それには種類の保険があるのでしょうか?

答え

現在の公的な年金システムは、昔のように機能しているとは言い難いものとなってしまいました。数十年勤め上げたサラリーマンが年金を受け取る年齢になった時、ギリギリの生活費しか受給できなかったというのが現状です。賃貸など住宅費がかさむ家庭では、むしろマイナスになっているケースも少なくありません。よって生活費の他に「ゆとりある生活」を送るために使われる資金等が必要という事が言えるので、保険見直しは有効な手段です。現代社会では、公的年金だけでは無職となった方が生活をする事は困難であるという結論に達するのです。その事を踏まえるならば、やはり個人年金保険の加入は大切と言えるでしょう。保険の種類には年金を終身に渡って受け取れるタイプや10年等の一定期間に年金を受け取れるタイプの保険があります。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴