かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

宮崎県から探す

宮崎県の市区群から探す

宮崎県の保険窓口一覧

宮崎県の保険窓口4店舗

都城市
宮崎市

宮崎県で生命保険契約に見る現代の生活事情

宮崎県における生命保険契約について

宮崎県は、暖かい九州地方の中でも、更に気候が温暖な場所に位置し、別名太陽の国と呼ばれるほどに気候に恵まれた場所です。そのせいか、この県に住む人は男女ともおおらかでおっとりしており、柔和で素朴な人が多いのが特徴です。そんな宮崎県の総人口は、およそ100万強ほどとなっており、九州の中では決して少ない人口ではありません。さてそれでは、この宮崎県の生命保険契約は、どのようなものになっているでしょうか。近年での宮崎県における生命保険の契約数のデータを見てみると、県内に住む人のほぼ9割が契約している数字になっています。そして、平均保障金額を見てみると、契約件数に比べて、その平均保障金額は堅調に推移しているようです。しかしながらこういった現象は全国的なもので、保険に対する人々の意識が変わったことを表しています。高額な負担でいつ必要となるか分からないものを契約するより、数年ごとにお金が返ってくるプランなど、簡易保障の商品が人気となってきました。また、宮崎県は農業畜産どちらも活発であり、食の宝庫となっています。そして畜産業など自営業が多いことも理由としてあり、すぐに金銭的な不安を抱く事態に陥りにくい環境が最低限の保障だけで済ませてくれるのでしょう。

生命保険見直しを考えています。無料保険相談は可能ですか?

先日、30歳にしてようやく入籍いたしました。妻に言われ保険金の受取人を変更しようと思ったのですが、同時に生命保険見直しも考えています。最近よく目にするCMなどの保険会社は大丈夫なのかと心配です。月々の保険料が安いのは良いことですが、入院の時など保険金が支払われないなどの話も少なからず聞いたことがあります。無料保険相談も行ってはみたのですが、強制的に加入させられそうでなかなか行くに行けない状況です。どうするのがいいでしょうか?

答え

まずは、ご結婚おめでとうございます。確かに結婚を機に生命保険見直しというのは正解だと思います。今まで独身で、背負うものもなく自分一人の人生だった訳ですから死亡保険などもそれほど高額なものを掛けなくてもいいですね。ただし、結婚し妻とこれから産まれてくるお子さんなど残された家族の生活を考えると死亡保険も見直し、入院、がん保険も見直したいところです。最近では、色々な保険会社を取り扱っている代理店も多数あります。その代理店などでも無料保険相談はしてくれるので、気軽に行ってみてはどうでしょうか。色々な保険会社を比較することも出来ますし、保険料もかなり安く抑えたプランも提案してくれます。その場で強制的に加入ということは無いので安心して相談に行ってみた方が良いと思います。これからの家族のためにも必要なことだと思います。

学資保険の保険相談は誰に尋ねるといいのですか?

小学校に入ったばかりの息子のことで相談です。将来的には、大学まで進学させたいと考えています。いまからそのための貯蓄をしようと思っているのですが、知人から学資保険をすすめられました。学資保険というのは名前は聞いたことがあるのですが、中身がどんなものか全く知りません。保険料をずっと支払っていって、元が取れるのかどうか、本当に学費が必要jなときに保険金がおりてくるのか、少し不安があります。このことでの保険相談は誰にすればいいのでしょうか?

答え

学資保険については、内容を詳しくご存じでないとのことですので、まずは、ネットでこの保険についてのおおまかな知識を身につけられるのが先決ではないでしょうか。いろんな会社から商品が出ていますので、検索すれば、サイトはすぐに見つかることでしょう。ディテールの違いはあるかもしれませんが、学資保険は貯蓄性があり、契約者に万一の事態があったときでも保険料は免除で保険金がもらえる、という特典があります。また、払込期間も選択できるなど、融通性にも富んでいます。お子様の将来に配慮しての保険として、適切なものだと思います。保険相談に関しては、個別の保険会社に電話をするか、あるいは特定の保険会社に属さず、あらゆる保険の比較をして相談に乗ってくれるサイトもありますので、自分に合いそうなところで相談されるのがベストでしょう。

保険見直しに伴い個人年金保険に入った方がよい?

先日マイホームを建て、住宅ローンを組んだ際に銀行員でファイナンシャルプランナーの資格を持った方から保険見直しをすすめられました。今入っている死亡保険を一部減額してもよいということと、浮いたお金で個人年金保険に加入してはどうかということでしたが、具体的にどのようなことなのかよくわかりません。個人年金保険とはどのような性質の保険なのかも含めてよく知ってから見直しを検討したいと思っているので教えてください。

答え

まず、死亡保険の減額についてご説明します。保険見直ししても良い理由としては住宅ローンを組むと団体信用生命保険に加入することになりますから実質的に何千万かの死亡保険に加入したのと変わらない状態になります。債務者が亡くなれば全て住宅ローンが保険でまかなえるからです。よって、今までの死亡保険がそのままだと過剰保障になる可能性があるのです。個人年金保険というのは、払い込んだ保険料を運用するなどして最初に決めた受取時期に一時金や年金などで受取れるという商品になりますが、円建て、ドル建てなど色々なタイプがあります。満期まで払い込みをきちんと続ければ運用益でプラスになる可能性は高いですが、一定期間の解約返戻金が低い商品もあります。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴