かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

京都府から探す

京都府の保険窓口一覧

京都府の保険窓口23店舗

長岡京市
福知山市
城陽市
京都市西京区
京都市山科区
京都市右京区
京都市南区
京都市北区
京都市伏見区
京都市中京区
京都市下京区
京田辺市

京都府で生命保険契約の際の重要な特約比較

京都府における生命保険契約について

京都府は、世界的にも名が知れた、いわずと知れた日本の古都。そしてここに住まう人達は、物腰が柔らかでありながら、とてもクールでプライドを保つ面持ちを持つ人が多く居るようです。そして、このエリアの人達は、日本の中でも経済的な観念が非常に発達した人が多く住む場所でもあるようで、やはりそこはこの場所が関西圏であるということの表れなのでしょう。そんな京都府の人口は、おおよそ300万人弱となっており、全国でも上位の人口を有しています。さて、そんな京都府における生命保険契約についてですが、近年での京都府における生命保険の契約数を見てみると、他の都道府県と比べて、驚くほどにその数に変化が無い事をうかがい知る事が出来ます。そして過去5年間での京都府における生命保険の平均保障金額ですが、契約数の割合に対して、意外にもその金額が毎年下がり続けているのが非常に印象的です。保険契約はしつつも、不要な特約を削りシンプルなものを選ぶ人が多いという事なのでしょう。やはり、京都の人はお金についてはしっかりしていると言う事を、裏付ける数字となったようです。この姿勢は現代では見習うべき点です。勧誘に負けて高い特約を付けられないためにも、しっかりと自分の希望を明確化してから保険の加入を相談するようにしましょう。

無料保険相談を使った生命保険見直しのコツは何ですか?

私も年齢的に将来のことを真剣に考える頃になったので、生命保険見直しを行わなければいけないと感じています。現在加入している生命保険は子供の頃に加入した商品なので、もっと大きな生命保険に入り直したいと考えています。見直しをするのは今回が初めてで、自分に合った商品が分かりませんので生命保険見直しのコツを教えて下さい。また無料保険相談というのもあると聞いたのですが、無料保険相談というのはどのようなものですか?

答え

無料保険相談というものは保険に加入する時や保険の見直しの時に、保険に関するあらゆる相談を無料で行っているサービスのことです。保険会社によっては無料保険相談を利用することで、保険料を大幅にカットすることができたり本当に必要な特約が見つかる場合があります。生命保険見直しは将来のために必要なことですが、確かに初めての場合には自分に合った商品が分かりにくいことがあります。方法としては資料請求をしたり、各社の販売員からアドバイスを受けたりといったことがポピュラーです。しかし近年になって人気が出てきたのは、保険の専門家であるファイナンシャルプランナーへの相談です。専門家ならではの見解で自分に合った保険を選んでくれます。

学資保険の保険相談、子どもが何歳で行けばいい?

先日1歳になった娘がいる一児の主婦です。最近やっと育児も落ち着いてきて、漠然と娘の将来を考えるにあたって、学資保険に入ろうかと考え始めました。恥ずかしながら私も夫も保険について無頓着で、何を基準に選べばいいのか全くわかりません。ネットで検索しながら夫に相談してみても、お互い「うーん、よくわからないね」といった感じになってしまいます。ひとまず保険相談に行ってみようと思っているのですが、1歳で加入するのは早すぎますか?何歳ぐらいで入るのが良いでしょうか?

答え

育児をしているとどうしてもバタバタとしてしまい、なかなかじっくりと考える時間がないですよね。しかも、よくわからない保険のこととなると尚更だと思います。学資保険に入るのに適した年齢というのははっきりとありませんので、加入を検討し始めた今がいいタイミングなんだと思います。1歳から入っていれば気分的にも安心だと思いますよ。質問者さんがおっしゃっているように、とりあえず保険相談に旦那様とお子様と3人で行ってみるのがいいでしょう。小さなお子様連れでも全く心配ありませんし、中にはちょっとしたキッズスペースが併設されているお店もありますよ。各社の学資保険を比較できるお店もありますので、そういったところがおすすめです。

個人年金保険と保険見直しのリスク

個人年金保険は老後の生活のために必要なものだと感じていますが、万が一積み立てたお金を解約しなければならない状態になった場合というのはどのようになるのでしょうか。銀行の定期預金などの場合には金利が大幅に下がってしまうということがあるようですが、個人年金保険にも同じような仕組みがあるのでしょうか。またその様な仕組みがある場合、より良い条件を求めて保険見直しをするという選択肢をとる、というのはできるのでしょうか。

答え

個人年金保険は満期まで支払いを続けていれば元本保証で通常の預金などに比べて利率の良い金利が付く金融商品の一種です。しかしこの個人年金保険も中途解約の場合にはデメリットがあることで知られています。最悪の場合は元本割れがありますのであまりおすすめできることではありません。保険見直しも損失を出さない範囲で行うには制限がありますので自由にできる資金とのバランスをしっかりとしておく必要があります。契約途中で他のより良い条件の保険に乗り換えることが出来るかどうかは現在の契約次第です。そのことも含めて保険の相談窓口で相談をすることが出来ますので、保険見直しを希望する場合には一度相談に行ってみるのも良いかもしれません。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴