かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

熊本県から探す

熊本県の保険窓口一覧

熊本県の保険窓口8店舗

菊池郡菊陽町
玉名市
熊本市南区
熊本市中央区
宇城市
八代市

生命保険を熊本県で考える時の堅実な方法

熊本県における生命保険契約について

熊本県は別名火の国と言われるほどに情熱的な人が多い場所です。熊本県の人口は170万人近くであり、全国でちょうど真ん中あたりの多さとなっています。そんな熊本県における生命保険契約についてですが、その統計を紐解いてみると、契約数は年を追うごとにその加入者数をじわじわと伸ばし続けており、最近では人口を上回る加入者数となっています。また、生命保険の平均保障金額を見てみると、加入者数の多さに関わらず、その保障金額が大幅に減っているのが特徴のようです。一人で複数の契約をしつつ、一つ一つの保障自体は安価なものに抑えているのでしょう。このエリアは意外にも大きな産業や企業が少なく、収入や雇用が比較的不安定な要素があるのも影響しているのかもしれませんね。また、全国を通して見ても熊本県の高齢者数はかなり多く、働き盛りの頃のような高額な医療保障よりもちょっとした支えになる程度のものでじゅうぶんと感じるようです。そういった人が、今まで加入していた保険の余分を解約して、できた余裕で別の簡易的な保険に加入する方法をとるようになりました。そうした保険の整理を行ったことで、現在のような人口以上の加入者数と大きな保障金額の減少が生まれたのです。

無料保険相談で生命保険見直ししたのですが

無料保険相談で生命保険見直しを考えています。今現在の保険内容としては、死亡を数千万ほどと入院に1日数千円といった感じです。他にも細かな保証はついていますがよくわかりません。私は最近結婚して妻と二人暮らしです。これから私にもしものことがあったことを考えると少ないような気がしますが、みなさんはどれくらいの保険金をかけているのでしょうか?もし増やすとすれば、なにをどのようにいくらくらいの金額で掛けるのがいいのでしょうか。

答え

無料保険相談は是非使った方が良いでしょう。どんなに相談しても無料ですので気軽に行ってみましょう。次に保険内容の件ですが、私も妻との二人暮らしですが死亡は現在で5千万に届く程度です。それでも保険料は安い方だと思います。ただ、60歳になるまで年々死亡保険金は下がっていきます。60歳には死亡保険は残らなくなる掛け方です。でも、0になるというのは後々困るので死亡で一生涯いくらかを受け取れるという死亡保険も別で加入しています。その二つだけでも1万円に満たない程度の支払いです。死亡保険を年々下がらないようにする掛け方もあると思いますが保険料が少し高くなるでしょう。他にも入院保険に加入していますが、すべて入る前に無料保険相談を利用してプロの人と一緒に選びました。疑問点も逐一回答してもらえるので、一度話をするだけでも一人で迷うのとでは違うのではないでしょうか。

保険相談で学資保険を見直しができますか?

子供が生まれた時に、とりあえず学資保険に加入しておきました。しかし、数年が経過しますが昨今の教育費の高騰を考えると加入したものでは足りないことがわかりました。後、別にもうひとつ加入したほうがいいでしょうか?それとも、今の保険を借り替えてることはできますか?こんな事でも保険相談には乗ってもらえるのか不安があります。実際は、どのやり方がいいのか教えてもらいたいです。保険には、詳しくないので簡単に教えてもらえたらうれしいです。

答え

貯金と違い、学資保険は積み立ての途中で契約者の親が死亡しても満期になれば保険金を受け取ることができます。そのために、新たに学資保険に加入することがお得です。現在、お父様が契約者なら、次のもう一つはお母様が契約者になっておくと仮にどちらかに不幸があっても保険金の支払いがあります。そして、掛け金や保証については保険相談をされるのが一番わかりやすくなってます。担当者が、理解できるまで説明をして提案までしてくれます。しかし、最後の選択権は本人になりしつこい勧誘などは一切ありません。そして、納得できない場合は、保険相談だけでも大丈夫です。お子様の、将来の準備は早くからしておくと安心できます。よく、考えて検討して下さい。

個人年金保険と保険見直しについて

将来もらえる年金の心配があったので個人年金保険をかけてきましたが、将来的に金利の変動があった場合に本当に今の保険の契約で良いのか判断が出来なくなってきました。30年以上先のことですので誰にもわからないことではありますがどのようにすればよいのか、保険見直しをした方が良いのかについて迷っています。金銭的に余裕がある今のうちにかけておくべきだと考えていましたが、最近の若い世代の人はどうしているのでしょうか。

答え

個人年金保険というのは昔からあった息の長い商品ではありますが、将来の厚生年金が約束されない可能性が出てきた現在において、急速に知名度を高めてきた保険商品の一種です。そのため若い世代の多くの人が関心を寄せている事実があります。また個人年金保険に掛けたお金は課税対象から控除されますので普通に貯金しておくよりもメリットが大きいというのが大方の考え方です。ただし迷いがあるのであれば保険見直しも含めて無料相談などを活用してみるのが良いのではないでしょうか。もしも自分で運用する才覚があるのであれば、株式投資などをした方が大きな利益を出せるのは事実です。しかしそうでないのであれば間違った選択肢ではないと思います。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴