かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

高知県から探す

高知県の市区群から探す

高知県の保険窓口一覧

高知県の保険窓口2店舗

高知市

高知県民の生命保険契約と生活環境の関係

高知県における生命保険契約について

高知県の人達の性格は、実にすがすがしく、一本の筋が通った人が多いようです。そんな高知県の総人口は80万に届くほどという、日本全国の都道府県の中でも下位に近く、規模が小さいものになっています。そして保険契約に関するデータですが、意外にもその人口に対して、保険契約件数が多いのが印象的な数字となっています。そして、過去5年間での高知県における生命保険の平均保障金額を見てみると、この県でも、やはり年を追うごとに契約数に対して平均保障額が小さくなっていく傾向はあるようです。ただ、他県よりも件数に比べるとその金額が比較的安定している点が特徴的です。明らかに余分なものは削ぎ落とし、それでいて保障額を大きく下げることはしない、残す部分はしっかり残すという意思が見られます。その理由として、自営業を営む人が他県に比べてかなり多いことが考えられます。会社のような明確な定年が無い一方で、会社による支えも期待できない。そんな状況が保険契約の内容にも反映されているのではないでしょうか。圧倒的に高額なプランではないけれど、事業主である自分に何かあった時、家族が当分金銭面での苦労をしなくて済むようにしたい。こういった気持ちが保障金額の急激な減少を抑えているのでしょう。

生命保険見直しで無料保険相談を使おうと思っていますが

代理店などで無料保険相談で生命保険見直しをした場合1社に偏った紹介などを受けそうなんですが、大丈夫なのでしょうか。行こうとしている代理店は10社近くの保険を取り扱っているようなのですが全ての保険を紹介してくれるのかどうか不安です。やはり、代理店も商売だと思うので契約をとってロイヤリティの高いところをすすめてきそうなのですが、やはり事前に自分で入りたい保険を決めていくのが良いのでしょうか。そうするにしても種類が多すぎて理解できそうにないのですが。

答え

代理店の中にはそういう代理店も無いとは言えませんね。向こうも商売ですので。でも、私も最近生命保険見直しで保険代理店に行きましたが各保険会社のプランはすべて見積もりを出してくれました。死亡保険だけで3、4社の提案をしてくれました。私も事前に結構な本やネットで調べてから勉強していったつもりでしたが、やはりプロは違いますね。調べても分からなかったことばかりでした。保険会社もかなりの数の会社がありますし、さらにその中に数多くの保険があります。それを自分で調べてやるのも楽しいかもしれません。でもよっぽど時間のある人でなければ調べ尽くせないと思います。やはり、無料保険相談などもあるので保険のプロに相談するのが一番だと思います。

保険相談です。 学資保険の名義は誰がいいですか?

保険相談です。来年、子供が小学校に入学します。そろそろこれからの教育費を考えないといけないと思い、学資保険への加入を検討しています。学資保険を契約する際、被保険者が子供で、契約者は親になりますよね?その場合、父親と母親の両方が契約者になるのですか?それともどちらか一方が契約者になるのでしょうか。どちらを契約者にしたらいいかなども教えてください。夫はサラリーマンで、私は今はパートのみで年収100万円位です。生活は主に夫の収入に頼っている形です。

答え

学資保険の被保険者(保険の対象となる人)は子供で、契約者は一般的には両親になります。その場合、両親のどちらかを契約者にして契約します。父親の方が収入が多く、一家の大黒柱であることが多いので、父親を契約者にするのが一般的です。学資保険は、子供の学費の準備だけではなく、保険契約者の万が一に備える保険でもあります。育英年金などが支払われる場合が多いのですが、その対象者が契約者となります。気をつけなくてはいけないのは、学資保険の場合、子供本人ではなく親御さんの方に年齢に対してシビアであるという点です。他の保険もだいたいそうなのですが、契約者の年齢が高いほど、保険料も高くなってしまいます。詳しくしるためにも一度、専門の保険相談を受けてみるのもいいかもしれませんね。

個人年金保険の支払いが厳しくて保険見直しを検討

将来の年金の備えにと考えて加入していた個人年金保険ですが、このところの不景気で夫の収入が減少し、さらに子供の教育費の負担が重くなってきました。家族が増えてから購入した住宅のローンについても、支払いがかなり負担になってきていて、車の買い替えもあと数年後に迫ってきています。保険料の支払いはここまで7年くらい続けてきています。もったいないけれど、個人年金保険をいったん解約して、保険見直しをした方がよいのでしょうか?

答え

将来に備えて個人年金保険に加入して、支払いを続けてこられたのは良いことでした。その一方で、お子さんの教育費や住宅ローン、車など出費が重なる上に、減収となると、支出の見直しが必要になります。積極的に検討したいのは、車の購入時期を先延ばしにするか、手放すことです。これで大きな支出を減らすことが可能になります。また、個人年金保険については、解約して保険見直しするのも一つの方法ですが、払済保険に変更することもおすすめです。払済保険とすることで、保険料の支払いを減額することができますから、家計の負担を減らすことができます。その一方で、受け取る年金も減少しますが、保険を解約せずに契約を継続することができます。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴