かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

北海道から探す

北海道の保険窓口一覧

北海道の保険窓口27店舗

釧路市
苫小牧市
江別市
札幌市西区
札幌市白石区
札幌市清田区
札幌市東区
札幌市厚別区
札幌市北区
札幌市中央区
旭川市
恵庭市
帯広市
名寄市
函館市

北海道での生命保険契約は傾向を知ってから

北海道における生命保険契約について 

北海道においては、生命保険の契約数が年々増えている傾向にあります。市民の保険に対する関心が高まっている事が、契約数が増えている理由の一つです。一方で、平均保障金額は年々低くなっています。最低限のオプションだけを付けて、保険の支払額を安価におさえた人が増えてきた背景があります。しかし北海道は喫煙率が他県に比べて格段に高く、その影響もあってかがんの発症率も部位を問わず高いです。もしも、生命保険に新規で加入をする場合には、そういった実情も加味してプラン選びをすると良いでしょう。保険会社をある程度決めているなら、思い切って訪問して相談をする事が大切です。スタッフの方が丁寧に説明をしてくれるので、知識がなくても簡単に理解する事が可能となります。保険金については毎月に渡って支払う事になるので、家計に大きな負担をかけ過ぎないように留意する事が求められます。そうすれば、途中で支払いが滞るような事がなくなるので安心です。生命保険に加入をしておけば、病気を患って入院をした際の治療費を補填する事ができます。支払われる保険金については、入院した日数などによって違いがあるので、その辺りについても事前に確認をしておくようにしましょう。

生命保険見直しは無料保険相談でできますか?

最近、家族で色々あってライプランも大きく変わりそうなので、生命保険見直しを考えているのですが、このような内容でも無料保険相談してもらえるのでしょうか。相談に行くのは初めてです。なるべく無料で相談にのってもらいたいのですが、詳しく聞いたりすると料金はかかってきてしまいますか。おすすめの無料保険相談などあったら教えてください。それから生命保険見直しをする際に注意すべきポイントなどもあれば教えてほしいのですが。

答え

生命保険見直しをお考えなのですね。それなら、無料保険相談をおおいに利用すべきだと思いますよ。無料保険相談は、たとえばショッピングモールなどには必ずと言っていいほど入っています。モールほど大きくなくても、だいたいの地域中に展開しているような大型スーパーでは、意外と保険相談窓口が設置されていることが多いです。もちろん無料で相談にのってもらえますし、何回行っても、詳しく聞いても無料です。そうなると口頭だけの説明になるのかと思えば、意外と図表などを使って本格的なアドバイスがいただけます。スーパーだったらよく行くはずですから、週に何度も通えるのではないでしょうか。自分の疑問点を納得いくまで解決してもらって、自分にぴったりの生命保険を見つけてもらえたらいいですね。

未成年でも学資保険加入や保険相談は可能?

私には生後5か月になる子どもがいます。気が早いかもしれませんが、子どもの将来のために出来ることを今からしたいと考えています。少し前に学資保険というものの存在を知り、興味を持っているのですが、私も夫も現在19歳です。子どもの親がまだ未成年でも保険に入ることは可能ですか?また、保険相談などに行くときには未成年の私が一人で行っても大丈夫でしょうか?それとも、私の両親などに同伴してもらった方がいいのでしょうか?

答え

まず、親が未成年でも学資保険に入れるかについてですが、可能です。契約者である親の年齢が若いほど毎月の支払が安く済むので、早いうちからの加入が負担も少なくなります。基本的に結婚できる男女それぞれの年齢から加入できる商品ばかりです。さて、保険相談の方ですが、ご質問者様に保険に関しての知識などはおありですか?学資保険と一口に言っても様々なプランがあります。相談の担当者からその人に合った保険について丁寧な説明があるとは思いますが、保険は安い買い物ではありません。もしあなたに保険の知識が乏しいのであれば、念のためにご両親にいっしょにお話を聞いてもらうとより安心かもしれません。ご両親の同席が無理な場合も、ご夫婦でなるべく行くようにして、じっくり検討してくださいね。

個人年金保険に加入するかどうか保険見直し

子どもが3人いましたがそれぞれ独立しました。子どもの教育費や養育費のことも考えて多額の死亡保険に加入していましたが、自分もそろそろ退職の年齢になり自分が死亡した後に死亡保障は妻だけなので、その分を減らすなどの保険見直しを考えています。私は現在40代です。個人年金保険に入っておくとその分に少し上乗せされて年金が支払われると聞きましたが、死亡保障で減額される分で個人年金に加入する場合、この年齢から加入しても大丈夫でしょうか?

答え

個人年金保険に加入するのは年齢が若ければ若いほど有利なのです。保険の運用機関が長い分、返戻率も利率も高くなります。さらに個人年金の生命保険料控除によって節税できることもこの保険のメリットです。そのメリットを活用するためにも早く加入しておいた方が有利だということです。個人年金保険を一括で支払うという方法もあります。それでも今の時代、銀行に預貯金しておくよりは返戻率はよいでしょう。また医療保険の保険料を上げることも老後のためにはよいでしょう。保険見直しの際にはいろいろな保険会社の個人年金保険や医療保険、または特約などを検討して毎月の支払に無理がないように工夫してみましょう。またプロの保険見直しに相談をすることでベストな回答が得られるかもしれません。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴