かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

岐阜県から探す

岐阜県の保険窓口一覧

岐阜県の保険窓口17店舗

羽島市
美濃加茂市
本巣郡北方町
本巣市
恵那市
岐阜市
大垣市
多治見市
各務原市
可児郡御嵩町
可児市

岐阜県で生命保険契約したい人は

岐阜県における生命保険契約について

岐阜県における生命保険契約について、がんでの死亡率が全国的に見ても高いほうである実情があります。そのため、がんへの特約を検討する人が少なくありません。契約数の傾向としては他県同様、新規契約数は伸びているものの保証金額は減少している状態です。しかし一方で、夫婦の数が他県よりも多いこともあり、安価でも家族への保障が盛り込まれたプランが人気のようです。岐阜県で生命保険の契約を考えるなら、そういった背景を考慮しても良いでしょう。とは言いつつも、老いが原因で亡くなる人の数も平均よりは多いため、病気特約についてあまり深刻に考える必要はありません。もし持病がある人や親族の中に遺伝性の強い疾病で入院経験がある人が少なくない場合は、保険相談窓口で契約前に相談してみるのもおすすめです。各家庭それぞれの健康的特徴や経済事情を含めて、納得のいくプランに加入するのが何よりも大切なことです。複数の保険会社から資料を請求したり、インターネットを利用してシミュレーションしてみるのも良いでしょう。長く支払い続けることになる保険料ですから、子供の数など将来的な経済事情も予想しながら特約を付けるかどうか決めてください。希望と将来設計の両方の観点からプランを練るようにしましょう。

無料保険相談で生命保険見直しをしようと思っている

ずっと支払いをしてきた生命保険ですが、最近体調の事を考えるようになってから保険の内容が自分に適しているのかということを考えるようになりました。色々なものがついているのですが、本当に自分に必要かという事もわかりません。生命保険見直しをしようと思うのですが、相談をすると勧誘をされるのではないかという不安があります。無料保険相談なら勧誘もなく、自分の悩みを相談することができるのではないかと思うのですがどうでしょうか。

答え

何かきっかけがないと自分の生命保険見直しなどする事が無いですよね。私もそうでした。就職をしてからすぐに生命保険に加入したのですが、詳しい説明を受けても分からず、とにかく入ってしまったのですが、友達が保険の見直しをした話を聞いて自分の保険について不安を感じるようになりました。近所に無料保険相談を受け付けてくれる所があり、そこで相談をしました。実際に見直しをしたら、必要無いであろう高額のものに入っていました。すぐに保険会社に電話をして保険のかけ直しの手続きをとりました。自分に合った保険というものがあるので、見直しをするということはとても重要な事だと思います。無料でもしっかり相談にのってくれるので利用してみてはいかがでしょうか。

学資保険の保険相談は出来ますか

学資保険は子供ができたときの教育費として非常に役立つので契約したいと考えているのですが、どのような保険を選べばいいのかがよくわかりません。学費としてお金を保証してくれるものが基本になると思われますが、医療保険がついているものがあったりどれを選べばいいかよくわかりません。どのような保険を選べばいいか保険相談が出来るようなところはあるのでしょうか。その場合はお金がかかったりするものなのでしょうか。無料のところとかありますか。

答え

学資保険に関してどのようなものを選択すればいいか相談出来るところは存在します。またお金がかからず無料で相談にのってもらえるところもあります。選択するものに関してたくさんの会社と契約していて、その中の保険商品をどれか一番当てはまるものをすすめてくれます。保険相談に関しては無料で行ってくれて、販売されている保険で一番いいものを選択してくれます。あくまでも希望に近いものなので、1社に偏ったような提案をしてくることはありません。いくつかの商品の中から選択出来るようになっています。無料の保険相談サービスは保険会社からの販売代理手数料で運営されています。ですからお金がかかることはありません。一番適した保険を提案してくれます。

個人年金保険の保険見直しについて

保険見直しをするときに、個人年金保険についても見直したほうが良いのでしょうか。この保険は元々将来のための貯蓄といった性質を持っていますし、所得税の控除にもなりますのでそのままにしておいても良いのではないかと考えています。ですが、毎月の保険料の支払いが苦しくなっているため、一度見直しを検討することになり、個人年金についても見直す必要があるのかどうかで迷っています。きちんとした理由についても教えてください。

答え

個人年金保険というのは、年金を受給する年代になったときに、公的年金では不足している部分を補うために加入する保険です。戻り率が高く、節税対策にもなりますので保険見直しから外そうとする人も多いのですが、その商品についてよく検討してから決めましょう。たとえば、戻り率120%で40年加入した場合、年利で行くと20%÷40年で年間約0.5%の利息と同じということになります。また、節税といっても、上限が決まっていますので高額の保険をかける必要はありません。当面の生活が苦しければ、保険料を下げて現金としてストックしておくなり、資産運用で増やしていくという方法もありますので、一度FPに相談してみると良いでしょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴