かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

青森県で生命保険かけ直しを考えるなら

青森県における生命保険契約について

青森県で生命保険に加入をする場合には、無料の相談窓口などを訪問して、相談をする事が求められます。長期にわたって契約を結ぶ事になるので、十分に時間をかけて納得をしてから契約書に判を捺す事が大事です。疑問に感じる事や不明な点に関しては、必ず質問をして解決を図る必要があります。生命保険については、積み立て型と掛け捨てタイプの二種類に大別する事ができます。前者に関しては、毎月に渡って支払う保険料が比較的高くなりますが、一定の年数が経過すると支払った保険料の一部が返還されます。後者は、毎月に渡って支払う保険料が安価となっていますが、支払った保険金が戻ってこないのが特徴となります。このように、それぞれの特徴を理解してから契約を結べば、満足のいくサービスを受ける事が可能です。青森県では、魚介類の消費量が多く、健康的な食生活を送っている家庭ばかりのようです。一方で三大疾病の一つであるがんの入院数や火災による死亡が多いという特徴もあります。予期せぬ事故などへの備えとして、生命保険加入を考える際は付随させる特約についてもよく検討すると良いでしょう。長く加入し続けられるように家計に合わせた支払額の中で契約できるものを探すことが大切です。

がん保険と生命保険見直しを無料保険相談しようかと

去年、父ががんで亡くなり私も健康には気をつけるようにしていますが、いくら気をつけていても病気になるときはなります。最近ではがんになったときのことを考えてがん保険の加入を考えています。今現在はがん保険には加入していますが内容があまりよくないのではと思い生命保険見直しと一緒に内容の見直しもしたいです。がん保険にはどのようなタイプがあるのですか。がん保険はどこかおすすめの保険会社はあるのでしょうか。無料保険相談にも行こうかと考えていますが、なかなか行く機会が無く自分で調べてはいますが。

答え

がん保険にも各社で色々なタイプがあります。がんと診断されたら数百万円お支払いいたしますとか以後の保険料はいりません。というのがよく聞きますね。それも確かに良い保険かもしれません。注目したいところは、がんの治療にいくらの費用がかかるのかということです。がんといえば最近は医学の進歩でかなり治療法が多くなってきています。その治療法がもし保険適用外だった場合、かなり高額の費用を自腹で払わなければなりません。でも、その保険適用外の治療をしてもがん保険で保証しますというがん保険もあります。その他、セカンドオピニオンのサービスが付帯しているなど、がん保険にも色々な保険の種類がありますので生命保険見直しの際には、無料保険相談などの機会を有効的に活用してみましょう。忙しい中でも予約すれば都合に合わせることができますよ。

学資保険のことで保険相談に行くつもりなのですが

子どもの今後の教育費の貯め方について迷っています。友人に誘われて、今度無料の保険相談に行く約束をしました。ですが、私の中では教育費を学資保険で貯めるか、貯金で貯めるかまだ迷い中です。保険への加入意思が明確でない状態なのに、相談に行くことは相談員の方に対して失礼ではないでしょうか?また、保険への加入はまだ迷い中であり、貯金で教育費を貯めることも検討していることを、相談員の方に話しても大丈夫でしょうか?

答え

保険相談はあくまでも相談であり、契約に行くわけではないので、気楽な気持ちでいかれたらいいと思います。保険は安い買い物ではありませんので、加入を迷っている状態で相談に行かれる方も少なくありません。保険に入る意思がはっきりしていないことが失礼だということは決してありませんので、まずは、どんなことでも相談してみましょう。そして、学費の貯め方を、学資保険と貯金のどちらにするか検討中でまだ迷っていることも正直に打ち明けて大丈夫です。相談員の方から、保険での教育費作りと貯金での教育費作り、それぞれのメリットデメリットについて説明があることでしょう。その話を聞いて、ご家庭の経済状況やあなたやご家族の考え等と照らし合わせつつ、ゆっくり決定なさってください。

個人年金保険の保険見直しはどうすればいいでしょうか?

老後のことが心配で、個人年金保険に加入しています。自分のこと以上に、妻や子が給付を受けられるのであれば安心だと考えて、気楽に入りました。私の場合は、60歳から受取ができるようになっています。加入の時に示された計算例では、30年間毎月数万円ずつ積み立てて、60歳になったら、受取総額から支払い総額を引くと、数年間で100万円以上の差額が生まれる、というのです。それを聞いて加入の決心が固まったのですが、もし将来インフレになって物価が上がっていけば、目減りしてしまうのではないかと不安になってきました。いまのうちなら保険見直しも可能です。どこで相談をすればいいのでしょうか?

答え

確かに、相談者様が心配されているように、インフレは個人年金保険の最大の敵です。インフレに当たった場合は、将来において受け取る年金額が、実質的には価値が下がってしまうことは事実です。とはいえ、老後の安定的な給付という角度で見ると、捨てがたい魅力があるのも、個人年金保険の良さです。そこで、もしインフレが進んで物価が上がった場合、大切な財産が目減りしてしまうことのないように、仕組みをちゃんと作っておくことが大切です。そのためには、エキスパートであるファイナンシャルプランナーに相談して、総合的に安全な保険についての助言を受けるのが大事です。要注意なのは、特定の金融機関や保険会社に所属している人からのアドバイスということになると、必ずしも、公平中立であるとは言い難い部分があります。どこにも所属していないファイナンシャルプランナーに保険見直しの相談を持ちかけるべきです。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴