かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

メリット重視で無料保険見直しを活用するには

無料保険見直しのメリットとは

無料保険見直しのメリットは、何よりも保険会社の売り込みではなく自分に合った最適の保険を紹介してくれるところにあります。今までの保険は、勧誘がしつこく自分のために保険に入るというよりは保険を売り込むために無理矢理入らされるイメージがありました。その為大抵の人は契約約款はほとんど見ていないし内容も理解していない、ひどいときは勧誘する保険のおばちゃんですら内容を良く理解していない場合も有りました。無料保険見直しではフィナンシャルプランナーがその人の収入や生活設計をヒアリングした上で、保険会社の垣根を越えて最適の保険をアドバイスしてくれるので、納得の出来る話が聞けるところが大きなメリットです。また、いろいろなケースについても相談ができますし、保険のシミュレーションによる比較などもできるので、非常に保険に詳しくなれます。保険会社に保険の内容を聞くと結局は勧誘されてしまいますし、またいろいろな見積もりプランを強引に作成してきて提案するので少し面倒な部分もありました。無料保険見直しは決して保険会社の契約窓口ではないので勧誘はされませんし、また聞きたい質問に的確に答えてくれるので時間も無駄にならず、非常に楽な気持ちで相談が出来るのが良いところです。

無料保険見直しのデメリットとは

無料保険見直しのデメリットと言えば、相談する前にある程度保険の知識が必要なところです。いきなり自分にどの保険が合いますかと相談しても相手は困ってしまいます。自分のライフスタイルとか、欲しい保障はどのような時だとか、ある程度の知識と将来のビジョン、もしくは保険に対し求めるもののイメージが無いとなかなか相談しにくいものです。保険会社の勧誘であれば、いざというときに何がいくら支給されるかといった漠然とした話で提案書を作成してくれて、これがぴったりですと提案してくれました。自分の保険なのだから自分できちんと調べるべきなのですが、分からなくても何とかなったものです。無料保険見直しのデメリットは、相談するフィナンシャルプランナーによってその結果が異なることです。もちろん、決して無料保険見直しだから手を抜いていることはなくみなさん親身になって相談に乗ってくれるのですが、その人の勉強をしてきた内容や実際の経験により個人差が大きく出るものです。その為、何社かの無料保険見直しに相談しに行って、その答えを比較しないと最適な判断は難しいのです。このようなデメリットを良く理解した上で無料保険見直し窓口を上手に利用することが良い保険選びの秘訣です。

無料保険見直しをするタイミングについて

生命保険にこれから加入することを検討しているといった方や、既に生命保険や健康保険、個人年金などに加入しているものの他社との見比べが行ってみたいといった意欲を持っている方などは大勢居ると言えます。そのような場合に役立つのが無料保険見直しで、基本的に料金が掛からない形で保険に関する様々な相談を受けてもらえるので、新規加入にしても保険料金の見直しにしても両方で利用できるといった特徴があります。しかし保険に加入するのに適していている時期があるのと同じように、保険を専門家に相談するのにも時期があり、適切な時期に相談を行なわなければ無駄になってしまうということも珍しくありません。では無料保険見直しを行うタイミングとは具体的にどのような時期なのかというと、転職時や子供の出産時、または子供の進学が決まった時期など人生の転機といった時期にこそ相談を行なうべきだと言えます。年に一回ごと相談を行なってもそう易々と保険料が安くなったりしませんが、自身の仕事が変わったり子供の成長過程で出費の目算を行わなければならなくなった場合などには、保証内容が同じでより保険料の安いプランを紹介してもらえる機会が多いため、無料保険見直しを行うタイミングとして最適だと言えるからです。

無料保険見直しの上手な活用法

無料保険見直しはどのような形で活用すれば最もお得に利用できるのかというと、健康保険の場合は保証内容を複数社の保険と見比べてもらい、最もコストパフォーマンス面で優れている保険会社に契約を切り替えるといった選択を取るのがベストだと言えます。健康保険の場合掛け捨て型のものが多いため、保証内容が同じなら少しでも安い保険会社を選択するというのが単純にお得であり賢い選択だと言えるためです。無料保険見直しで生命保険の見直しをしたい場合は、保証内容だけでなく中長期的に見た資産運用性も重視する必要があると言えます。生命保険の中には一時払い形式で、そのまま放置しておけば20年後30年後に支払った金額に上乗せされるような形で保険料が返ってくるという保険商品があるため、資産運用方法としても活用できるために保証内容以上に気をつけるべきだとされているのです。専門家の方はそのような運用性を熟知した上で相談に乗ってくれると言えますが、お金を出すのはあくまで相談先の会社や業者ではなく相談を行なう個人なので、無料保険見直しを行う際には先方から提示されるプランだけでなく自身の要望を適切に伝えるべきだという点も記憶しておいてください。

無料保険見直しの種類について

一昔前は保険は保険会社の外交員から加入するのが一般的でした。しかし今は、無料保険見直しで保険の専門家に相談できたり、保険ショップと呼ばれる店舗の窓口や、銀行窓口でも加入できるなど方法が増えてきています。保険商品も年々商品数が増えたり、内容が複雑化してきており、何を選べばよいか判断が難しくなっていることを背景とし、プロと相談しながら自分に合った保険を選べるということで無料保険見直しが人気となっています。保険会社の外交員はその会社の保険しか紹介できず、自分に適した保険に加入できない可能性もあることも人気を後押ししています。無料保険見直しの種類は2種類あり、まず、来店型の保険ショップです。コマーシャルも多く流れていますが、このような保険ショップは複数の保険会社の商品を取り扱っているのが魅力となっています。時間のある時にお店に行って気軽に相談できることも人気の理由です。もうひとつは保険のプロが指定の日時・場所に出張してきてくれる無料保険見直しです。保険ショップ同様複数社の保険を同時に比較・検討することができます。こちらは、小さなお子様がいて外出しづらい方を中心に人気となっています。加入手続きや給付手続きの経験も豊富でいざという時に頼りにすることができます。

無料保険見直しの注意点

複数社の保険を比較・検討でき、保険のプロに相談しながら選ぶことができる無料保険見直しですが、こうした無料相談の注意点として、保険販売が基本となっていることです。相談は無料ですし、中立な立場であることが魅力ですが、基本は保険の販売であると考える必要があります。無料保険見直しを行うプロや保険ショップは保険を販売した際の保険会社からの手数料が収入源となっているため、保険を売ることが目的であることを理解して活用しましょう。無料保険見直し時に利用者が気をつけるべき注意点ですが、まず相談時に保険で色々な不安をカバーしたいというのではなく、必要最低限の保障にしたいということを主張することです。最終的には売り上げにつなげるために、必要以上に手厚い保障の商品を提案されることがあるためです。次に、存在する様々な公的制度などの説明をしてくれるかです。死亡時には生命保険以外にも遺族年金や退職金など様々な給付があり、病気やけがなどの際も傷病手当金などの支給対象になることがあります。このような保険以外の公的制度についても説明をしてくれるプロであれば信頼ができます。そして、家族構成や将来の人生設計を踏まえた提案をしてくれるかです。結婚や住宅取得等様々な人生の転換点やイベントを考慮した提案をするプロであるかにも注意が必要です。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴