かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

タイミングに合った保険見直しの活用を

保険見直しのメリットとは

近年テレビコマーシャルやインターネットコマーシャルなどの情報媒体でよくコマーシャルを行っている保険見直し会社。活用することにはいくつかのメリットがあると言われています。1つ目のメリットとして、数多くの保険会社からその顧客にあった保険を選択することが可能になることです。通常生命保険などの保険に加入する場合は、ある特定の会社の生命保険会社の中から保険を選択するため、場合によっては本人にとってはベストな保険でない可能性があります。そうした場合に、保険見直し会社で見直しを行うと、何社もある保険会社からその顧客にとってベストな保険を選択して提示してくれます。そのため、依頼した顧客にとってはより安価の保険料でより高額な保証を受け取れる可能性が出てくることになります。2つ目のメリットとして、わずらわしい保険料や保険による保証の内容を保険見直し会社が確認してくれるということです。基本的に一般の人が自分にとって最も良い保険について理解していることは少ないといわれています。そのため、このような人たちのために保険見直し会社があると言われています。専門の知識を持ったスタッフが、顧客のかわりに比較検討をしてくれるので助かるといえます。

保険見直しのデメリットとは

多くの人が保険見直しにかかるメリットについて理解していると言えますが、一方でこうした企業を活用することで生じるデメリットもあると言われています。1つ目のデメリットは、多くの顧客を抱えているのが通常のため、なかなか一人の顧客のために十分な時間を割くことができないという点です。基本的により時間をとればとるほどその顧客にとってよりいい保険内容の提示をすることが可能になります。また、その顧客の家族情報や雇用状況などより詳細に聞くほどその顧客にとって合う保険を提示することが可能になります。保険見直し会社は多くの顧客がいることから、なかなか時間が持てないと言われています。2つ目のデメリットは、保険見直しの際にはその会社のファイナンシャルプランナーが行うのが通常ですが、そのファイナンシャルプランナーと相性が悪い場合があるということです。お互い人間のため、相性の良い悪いがあります。その相性の悪さが保険見直しの際に出てしまう可能性があります。そうなれば、顧客もなかなかその保険内容について疑問や質問をぶつけることができなくなり、お互いにとって不幸な結果になるケースも想定されます。そうした場合は担当者を変えることが重要であったり、またデメリットに関しましては、顧客自身が納得行くまで検討すればさほど大きなデメリットではないでしょう。

保険見直しをするタイミングについて

突然病気で入院したり手術をしたりして治療に費用が掛かるときに、加入していてよかったと思えるのが保険です。しかし毎月保険金を支払っていても、その内容をはっきり把握している人は少ないでしょう。保障が必要になった時にあわてて、証券や定款を見て確認をするという人がほとんどではないでしょうか。それもそのような機会がなければ、よくわからずに支払い続けているだけということになります。そして毎月支払う保険金が多くて家計を圧迫していることもあるのです。そのようなときには保険見直しをすると便利です。不要な分を減らしたり抜いたりすることで毎月の支払額を減らすことができるのです。しかし普通の生活をしていると、なかなか保険見直しをしようというタイミングがないものです。結婚をした時、子供が生まれた時、妻が就職、または離職したとき、子供が独立したときなどのライフステージの節目や、家を購入したときや起業をしたときなどに見直してみるといいでしょう。また毎日の生活の中で保険料が負担になってきたときや満期や更新を迎えるときも保険見直しをするのにいいタイミングです。同じ保険会社で専門家と話し合ってもいいし、中立の立場でそれぞれの人に合う保険を提案してもらえる会社に相談してもいいでしょう。

保険見直しの上手な活用法

保険見直しといっても自分で考えて変えていくのはとても難しいものです。保険の仕組みや専門用語など勉強をしないと分かりにくいものです。そこで専門家に相談をするわけですがその前に、現在自分がどの保険のなんという商品に加入をしていて、死亡時、入院時、手術時はいくらの保険金が出るのか、どんな特約が付いているのかを自分で把握することが大切です。そして自分に必要なのは死亡保障なのか医療保障なのかなどをよく考えたうえで、保険見直しの相談にのってもらうことです。無駄な部分は減らしたりなくしたりすればいいのですが、入院や手術など必要になる部分も減らしてしまっては実際に必要になった時に困ってしまいます。だから自分の意見も持ったうえで、保険見直しを活用すれば自分の希望に合った保険はどこの保険でどのような商品かを提案してもらえるのです。現在加入している保険屋さんと相談をしてもいいのですが、他の保険会社に自分に合うものがあるかもしれないのにそれを気づかないまま見直しをすることになってしまいます。そこでいろんな保険会社を比較検討するためにも、中立の立場の保険見直し専門の会社を活用するといいのです。専門会社を選ぶことで自分にとって無駄な部分は省き、必要な分に対して保障をしてもらえるような保険の掛け方ができ毎月の負担も減ることでしょう。

保険見直しの種類について

最近では保険見直しの会社のコマーシャルが多くされています。例えばテレビコマーシャルやインターネットコマーシャルなどでよく目にするといわれています。こうした保険見直し会社にはいくつかの種類があると言われています。1つ目の種類として、大手ショッピングモールなどでよく目にする来店型店舗があります。これは、実際にその店舗にこちらから出向いて保険見直しの相談を行う形式となっています。店頭で直接顧客からいろいろな情報を聞き出して、その店舗で契約している保険会社の中で顧客のライフステージや家族情報に対して最も理想的なものを提示するのが最大の特徴です。こうした店舗は事前に予約して訪れるケースが多いといわれています。それ以外の種類として、顧客の家に訪問して保険見直し相談を行う企業があります。こうした企業も基本的には来店型の企業と変わりはないのですが、顧客が望む時間と場所にその企業のファイナンシャルプランナーが訪問してくれるため、顧客にとっては非常に便利といえます。最初の訪問で顧客情報をヒアリングして、2回目以降の訪問で顧客にとって望ましい保険情報などを提示するのがその特徴といえます。店舗が遠い人などに、訪問型サービスは非常に便利といえます。

保険見直しの注意点

いくつかの種類がある保険見直し会社ですがそれらの会社を使用する際に注意する点があります。1つ目の注意点として、保険見直し会社の言うとおりにすぐに動かないことです。保険見直し会社も民間企業のため、自社にとって有利な保険をすすめてくる可能性も考えられます。そのため、一度提案を受けたらそれを持ち帰ってよく検討する事が重要といえます。検討した結果、疑問になる点があるようでしたら何度でもその企業に連絡して疑問をとく姿勢が重要といえます。2つ目の注意点として、保険の見直しをする際には時間的な余裕を持って行うことが必要と言うことです。時間的に余裕がないとしっかりとした検討が行えない可能性があります。そうなると、せっかく見直しをしても満足した結果を得られない可能性があります。そのため、そうしたことを防ぐため時間的な余裕を持って見直しを行うことは必要と言えます。3点目の注意点として、保険見直し会社には漏れなく情報を伝えることです。十分でない情報を伝えた場合、せっかく相談しても正確な保険ではない可能性があります。そのため、年収や家族構成、加入している年金などもれなく正確に伝えておくことが必要であると言えます。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴