かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

個人年金保険は税金の節約にもなる

個人年金保険と税金の関係について

個人年金保険をかけておくと将来もらえるお金が増えるため、自分の老後の備えになるだけではなく、税金の面でもメリットがあるという話を聞きました。この先厚生年金だけでは不安があるので個人年金保険への加入を考えているのですが、具体的に税金にメリットが出てくるというのはどういうことなのでしょうか。個人年金ではなく、普通の定期預金などにするのと何が違うのでしょうか。それぞれのメリットとデメリットについて教えてください。

答え

個人年金保険と言うのは個人年金と言う掛け金を払うことで保険会社が資産運用し、65歳など既定の年齢から通常の年金の様に毎月お金を受け取ることが出来る金融商品の一種です。受け取る金額を大きくするためには月々の掛け金を大きくする必要があるなどわかりやすい仕組みになっています。この個人年金保険が税金の面でメリットがあるというのは、払い込んだお金の分、所得から控除されるという点のことを言います。例えば税込み年収が500万円の人が1年に20万円の個人年金保険料を支払った場合、その人の税込み年収は480万で計算されるのです。そうすることでかかってくる所得税などが若干安くなります。そのようなメリットがあります。この点が定期預金との違いです。一方定期預金は比較的短期で引き出せますが個人年金は原則老後まで出せません。この点がデメリットとも言えます。

個人年金保険に加入すると、税金が戻りますか?

少しでも税金を取り戻すには、保険に加入するのが良いと聞きました。所得税から還付されるのは、生命保険のみだと思っていましたが、個人年金保険も対象だと知って、加入を検討しています。ただ、自分は現在主人の扶養範囲で働いていて、実際に所得税還付を申告するのは主人です。個人年金保険を自分名義で加入して、更に主人の所得税から税金の還付を受けられるものなのか疑問です。また、実際に年金を受け取るようになった時に、どういった問題が生じるのか知りたいです。

答え

個人年金保険は、貯蓄性が高く、消費者にとっては人気の商品です。国の年金制度だけでは将来が不安だと考える方が増え、それと共に加入者数も多くなっています。また、質問者のご指摘のとおり、所得から一定金額の控除を受ける事が出来ます。所得税が下がれば、当然ながら連動している住民税も下がりますので、これはかなりの税金対策になると言えるでしょう。ただし、この制度を利用するには、加入する個人年金保険に条件がありますので注意してください。実際に年金を受け取るのが60歳以上で、期間が10年以上と覚えておいてください。その点は、保険会社が詳しく説明してくれる筈です。また、加入者名義の点ですが、配偶者は同様に扱われるので、申告上は問題なく受けてもらえます。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴