かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

個人年金保険は余裕があるなら終身タイプを

個人年金保険は終身タイプがおススメですか?

付き合いの長い保険代理店に、終身の個人年金保険への加入を勧められています。現在40代前半の男性で、個人事業主です。お世話になっている保険代理店の紹介でもありますし、老後の生活資金の確保のために、今のうちに加入しておこうかとも思いますが、概算で、毎月の保険料が30,000円程度(現在40代前半)と言われました。正直なところ、保険料の負担がかなり重いです。個人年金保険について、少し詳しく教えてください。

答え

個人年金保険は、まさに老後の生活資金を確保するための保険商品です。個人事業でお仕事をされているとのことですので、公的年金の老齢給付は年間で80万円弱位と思われます。ご自分で老後資金の確保を考える必要がありますね。準備は早ければ早いほどいいですし、個人年金保険への加入も一つの選択肢だと思います。毎月の保険料が3万円程度ということは、将来もらえる年金は70万円程度だと思われます。終身タイプは一生年金を受給することができるので、保険料が割高に設定されています。保険料の負担に比べて年金の受取額が少ないと感じられるようでしたら、個人年金保険でも確定年金や有期年金を考えてみたらいかがでしょうか。年金の受取期間が限られる(10年、15年など)分、保険料は終身タイプと比べて割安になります。

個人年金保険は終身型がよいのでしょうか?

公的年金がきちんともらえるかどうかわからない状況になってきたために、個人年金保険に加入しようと思っています。しかし、そう思って保険各社のパンフレットなどを読んでみると、この個人年金保険には、終身型と、一定期間だけ年金がもらえるタイプの2種類があることが分かりました。理想を言えば終身型の方が安心できてよいと思うのですが、例えばがんなどに罹ってしまい、早くに死んでしまうようなことがあれば、一定期間だけもらえるタイプも捨てがたいと思えます。果たしてどちらが良いのでしょうか。

答え

ご質問のように、個人年金保険には、大別すると、受け取り開始年齢に達してから亡くなるまでの間、ずっと年金を受け取ることができる終身型の保険と、ある一定期間だけ年金を受け取ることができる確定年金型の2種類があります。両者ともに一長一短があり、どちらが絶対的に有利と言うことはありません。どちらが良いのかは、それぞれの個人の考え方によるものであり、保険会社としてもそのために2種類の保険を用意しているのです。しかし、終身年金保険の保険料は高く設定されているために、少なくとも80歳以上は長生きしなければ、損をしてしまうことになります。けれども、日本人の平均寿命を考えると、損をしない人も多数いることになります。そういった意味ではお勧めですが、確定年金型も補償内容は充実しています。支払った保険料よりも多くの保険金を受け取ることができますので、こちらを選んでも損はありません。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴