かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

加入する前に知っておきたい個人年金保険

個人年金保険と加入について教えてくれませんか?

老後の生活の安定に備えて個人年金保険への加入を検討していますが、個人年金と国が運営している公的年金との違いがよくわからないです。個人年金と公的年金の違いについて詳しい解説をお願いします。特に知りたいことは、両者の性質の違いや個人年金保険への加入の方法や、種類やメリットやデメリットなどについてです。また、個人年金に入る際の定額型や変額型など運用の方法の利点と欠点などについても詳しく解説をお願いします。

答え

個人年金保険とは、民間の保険会社が販売している金融商品です。国民年金が国が運営しているのに対して、個人年金保険は民間の保険会社が主体になっている点が異なります。個人年金に加入を希望するには、民間の保険会社が販売している金融商品を購入することで加入できます。個人年金保険には、定額型と変額型があります。どちらの方法でも加入できますが、運用のやり方に違いがあります。定額型は一定の金額を出していき、あとでその積み立てた金額を受け取るという形式の個人年金です。この方法の利点は、大きな損失がないので確実性があることです。変額型は個人で出したお金を運営をして、運用で得た利益を得るという形式の個人年金です。定額型と比べると、高い利益を得られる利点がある反面、運用の結果に応じて受け取れる利益が変動する性質があります。個人年金にかかる費用の一部は、所得控除として認められていますので、一度加入を検討してみてはいかがでしょうか。

個人年金保険に加入したいです

老後の蓄えとして、現在では会社の財形貯蓄と米ドル建ての外貨預金をしています。最近では、低リスク低リターンの金融商品を購入して着実に溜めこむようにしているのですが、数日前に保険会社のホームページを閲覧してみると個人年金保険という商品があるのを知りました。返戻率が110%を超える商品も出てきているので加入しようか迷い始めています。そこで、年金保険に詳しい方で、この商品に入るメリットを教えてもらう事は可能でしょうか?

答え

ファイナンシャルプランナーとして多くのお客様に財産を築くためのアドバイスをしている者です。私自身加入はしていないのですが、個人年金保険は最近では多くの会社から発売されている人気商品であり、元本割れのリスクが低くなっているので金融商品に手を出すなら最初におすすめしたい物と言えます。リスクと言えば、インフレが起きてしまうとあまり旨味が出てこない点であり、毎月の積み立てを1万円前後にしておくとあまり負担になりません。税金は年金保険の支払いをすると多くの額が控除される場合がありますので、支払い金額のシュミレーションをしてみる事をおすすめします。なお、税法が数年~数10年に一度変わる場合がありますので、金融関連の法律は必ず確認しておきましょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴