かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

老後も自立していたいなら個人年金保険

老後の生活のためには個人年金保険がいいですか?

保険に加入しようと思います。あまり詳しくないので、教えてください。現在、生命保険には加入していません。30代になったので、年齢的にも何らかの保険に加入しておいた方がいいのではと思うようになりました。仕事はしていますがまだ独身で、将来、結婚するかもわかりません。保険で聞いたことがあるのは、定期保険とか終身保険などです。会社に出入りをしている保険会社の営業マンに、個人年金保険を勧められました。老後の生活費の準備という説明を受けましたが、私が加入してもいい保険なのか教えてください。一般的な生命保険とどう違うのでしょうか。

答え

大まかに言うと、生命保険には2つのタイプがあります。ひとつは死亡保障の保険、もうひとつは老後の生活資金を確保するための保険です。定期保険や終身保険は死亡保障の保険になります。死亡保障の保険は、自分が死亡した場合に死亡保険金を受け取れるというもので、遺族の生活資金の確保を目的とするものです。ですから、扶養家族がいないような場合は加入する意味がありません。現在、独身で将来的にもご結婚するか分からないということであれば、老後の生活が心配だと思います。今のうちに、個人年金保険に加入するのもいいのではないでしょうか。将来受け取れる年金の金額を選ぶことができますので、見積もりを取って保険料の負担をみて決めてください。死亡保障の保険だったら養老保険であれば、満期保険金がありますから、貯金代わりに加入するのもいいと思います。

老後に備える個人年金保険加入は?

私は親に財産があるわけではなく、マイホーム購入の際も援助なく自力で購入しました。周りの知人たちは親からの資金援助を生活資金として利用していますし、親亡き後も財産分与で安泰とのことです。私は老後も自分の力でやっていかなければいけないので、今のうちに対策をとりたいのですが、個人年金保険は確実に老後の保障になるのでしょうか?潰れない保険会社の選び方や、得する商品など、将来を支えるおすすめのものがありましたら教えてください。

答え

現在給与から天引きされている公的年金は40代以下の人たちには受給額が下がることが確実視されています。そのため、公的年金に頼らず、自分の力で老後に備える動きが強まっています。一口に個人年金といってもさまざまな種類があり、生きている限り継続して年金を受け取ることができる終身年金、保証期間中は生死に関係なく年金が受け取れる保証期間付き終身年金などがあります。終身年金は保証が一生続くため、支払う保険料も割高になるのが特徴です。有期年金は契約時に決めた期間だけ年金を受け取るもので、年金の中では一番保険料が安くなっています。このように現在支払える保険料と、保証の兼ね合いを考えて個人年金保険を選ぶのが良いでしょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴