かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

佐賀県で時代に適した生命保険を選ぶ

佐賀県における生命保険契約について

佐賀県における生命保険契約については加入者数などは年々増加の状況ですが、実際に保険の使用を行っている事となれば逆に利用しているのは減っている状況となっています。この実態などを見て行くと佐賀県などでは、高齢者の加入が増えていて、それに付随した利用となればなかなか使ってしまう状況にならないのかも知れません。また、働き盛りの若者世代が高額な保障プランを避けるようになった背景も影響しています。この二つの理由で、平均保障金額は減少しているようです。しかし、これは何も佐賀県特有というわけではなく、各地で似たような状況となっています。そのような状況下で佐賀県の特徴として挙げられるのは、がんによる死亡率が他県より格段に高いことでしょう。最近では以前よりも低価格な掛け金の支払いだけでがん保障のついている保険も出てきました。がん患者数が多いからといって、高額な保険に加入する人が増えるという結果には至らないのはそのためです。大きな病気への保障特約を付けると保険料が高くなるという常識はもはや昔のもの。現代では新しい商品がいくつも提案されており、自分の経済状況を考慮したプランでもじゅうぶんな支えを得ることができるのです。これから保険加入を考えているなら、保証金額だけを見ずに、できるだけ多くのプランのメリットを比較するようにしましょう。

生命保険見直しの無料保険相談で話を聞いてみる

生命保険も、たくさんいろいろとあるものです。生命保険会社も多数ありますが、その内容の種類も大変に多いのです。私たち素人には、どこのどんな保険が良いのかというのはよくかわりません。みんなが、よくそう言っているのを耳にします。そういった意味でも、保険プランナーによる相談が必要になってくるのです。生命保険見直しの無料保険相談が行われるようになっているわけですが、それだけで十分に把握ができないのでしょうか?改めて別のところで、それぞれを相談するべきでしょうか。

答え

保険会社に加入する際に、保険会社が設けている生命保険見直しの無料保険相談というものがあるのですが、これをよく利用することがあります。どういう場所かというと、保険に加入する前に保険の内容を詳しく説明してもらえ、疑問に思うところや相談を受け付けるコーナーです。しかし、特定の保険会社の無料相談を利用した場合、他社で本人のニーズにぴったりのプランがあったとしても、当然ながら提案はしてもらえません。そういったデメリットを避けるために、複数社を同時に扱っている相談サービスを利用されてみてはいかがでしょうか。いくつものプランを知っているプロなのですから、説明にも慣れていますし質問にも丁寧に答えてもらえます。無理な勧誘もご法度となっているところばかりですので、契約や加入プラン変更などせず相談だけ、という場合も手軽に利用できますよ。勿論、生命保険見直しも行ってくれるので手間は一つで済みます。

保険相談 学資保険の保険料は安くできますか?

第1子は4才で、第2子を妊娠中です。子供にはきちんとした教育を受けさせたいと思っています。第1子の場合は、生まれてすぐに学資保険に加入しました。現在第2子を妊娠中ですが、もちろん出産後すぐに保険に加入するつもりです。そこで、保険相談ですが、主人の給料が思ったように上がらないので、子供も2人になると、さらに家計に余裕がなくなってしまいます。少しでも保険料を安くしたいと思っています。学資保険の保険料を安くする方法はありますか?

答え

最近の保険相談では、学資保険に限らず、生命保険の保険料の支払いが重荷になっているというご家庭が多いです。そこで、学資保険の保険料を少しでも安くする方法ですが、保険会社によっては、同じ会社の保険に複数加入することで保険料が安くなる場合があります。上のお子さんと同じような保障の内容でお考えでしたら、保険会社に兄弟割引制度があるかどうかを確認するのも一つの方法です。その他に、インターネットで契約をするとネット割引の対象になる場合もあります。これも保険会社ごとに割引の金額などが異なりますので、確認してください。保険料の払い込み方法では、月払いよりも年払い、年払いよりも一時払いの方が保険料の割引率が高くなります。いずれにしても、保険に加入することで、必要以上に家計を圧迫することがないように、少しでも保険料を安くできるように工夫したいですね。

個人年金保険を保険見直しする際の注意事項

個人年金保険に興味があるのですが、その仕組みについて少しだけ心配があります。一般の定期預金などは1年や2年など比較的短期で満期を迎えるため資産運用の方針変更は容易なのですが、個人年金保険の場合は満期がかなり先になるのが一般的です。そのため途中でお金が必要になったり資産運用方針を変更したくなった場合にはどうするのだろうかという疑問です。この様な場合に手軽に保険見直しをすることが出来る仕組みがあるのでしょうか。

答え

個人年金保険というのは基本的に60歳や65歳という特定の年齢から一定期間にわたって年金を支給するという制度です。そのため長期にわたって保険料を払い続けなければならず、満期が遠いのが一般的です。そのような個人年金保険を保険見直しで変更する場合、解約という手続きを取るしかないケースもあります。その場合は元本が保証されないケースが殆どですので損失を出すこともあるでしょう。従って個人年金保険は余裕資金の中でも定年に達するまで引き出す必要が無いと言える範囲で行うのが正しい方法であると言えます。急な出費などで困るようなことが発生する様なかけ方は非常にバランスが悪いと言わざるを得ません。最悪のケースでは解約しかないのです。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴