かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

福岡県で目的に合った生命保険を探すには

福岡県における生命保険契約について

福岡県の直近の数年間における、生命保険の契約数は増加の方向を表しています。しかし、平均保障額は減少傾向にあります。これは、生命保険への意識がこの数年間で随分変わってきたことが言えます。つまり、ほんの数年前には、保険契約をしないという人が多く、また、保険契約をされる人はいざというときに備えて厚い保障を求めていたということが分かります。しかし、そうした保障には保険料の負担が必然的に高くなるわけです。いわば家計に厳しい家庭では生命保険契約をせず、また富裕層ではいざというときの保障を厚くと考え、家計への負担をさほど顧みないという傾向が強かったことが分かります。しかし、近年を見てみると契約数が格段に上がっています。これは従前の幅広い保障に対応した生命保険とは違って、目的を絞った生命保険、つまり保険料の家計への負担が少なく、死亡保障に数千万という高額な保障を求めるのではなく、必要最小限の保障で良しとする考え方が増加しているとも受け取れます。こうした生命保険の契約数の増加には、ここ数年で飛躍的に増加したネット型や通販型、目的型といった多種多様なニーズに対応する保険商品が設定されたことによるものと見ることができるのです。

生命保険見直しにあたって無料保険相談は大丈夫ですか?

36歳のサラリーマンです。今年の9月に第2子が生まれる予定です。2年前に第1子が生まれた時、初めて生命保険に加入しました。第2子の出産を機に現在の生命保険を見直して、必要なら新しい保険に加入したいと思います。インターネットで、「生命保険見直し」で検索したところ、無料保険相談がたくさんありましたが、無料のところでも大丈夫でしょうか?有料の、例えばファイナンシャル・プランナーなどに相談した方が確実ですか?

答え

生命保険の見直しは、やはり専門家に相談するのがいいと思います。今の保険は複雑で、保障の内容など、自分だけで完全に理解して、各社比較するのは難しいからです。「生命保険見直し」や「無料保険相談」のキーワードで検索して上位に引っかかるのは、ほとんどすべてといっていいほど、保険代理店が見直しを無料でやっているところです。もちろん、見直しをした後の保険加入を期待しているわけです。ただ、代理店の相談だからダメというわけではなく、代理店はもちろん保険のプロですから、的確なアドバイスを得られることも多いです。大手のところだと、何十社もの保険を扱っていますから、各社比較した上でおすすめの保険の提案を受けられます。その場合は、かなり中立なアドバイスになると思います。FPも保険代理店をしていることが多いので、一概にFPだからいいというわけではありません。

学資保険の保険相談を頼むには?

先日主人から、そろそろ子どもの学資保険について調べておいてと言われたのですが、正直わたしひとりではさっぱりわかりません。じぶんで一応ネットで調べてみたり、CMで見たので資料請求をして一通り見たりしましたが、いろいろと難しい用語が飛び交っていてどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。そこで質問なのですが、こんな私でもちゃんと学資保険を選びたいので、どこか保険相談をするのに適した場所はないでしょうか。 

答え

御主人に学資保険について調べるように言われたのですね。ということは、奥様だけで保険相談に行くということでしょうか。もしそうならば、スーパーやショッピングモールの中にある無料の保険相談窓口がいいと思います。最近では、こんなところにあったのかとびっくりするくらいに、意外と身近にこういった保険の無料相談窓口ができています。ですから、お近くのスーパーやショッピングモールにきっと保険相談窓口が入っているはずです。ですから、奥様一人では不安もあるかもしれませんが、気軽にお買い物のついでに寄ってみればいいですよ。そんなに堅苦しいものではないので、専門のスタッフがわかりやすく教えてくれるので、肩肘張らずに訪問してみましょう。

老後のために保険見直しや個人年金保険は必要ですか?

早速ですが質問です。現在30代後半、妻一人、子一人です。お恥ずかしながら、生命保険は新入社員の時代に保険レディと呼ばれる方に勧誘されるまま加入し、現在でもそのままの状態になっています。しかし、最近ではニュースなどを見ても公的年金の支給自体が先送りになったり、私たちが受給年齢を過ぎたときに年金制度そのものが破綻している可能性もあると思うのでとても不安です。保険見直しや個人年金保険はやはり必要でしょうか。

答え

そうですね。やはり公的年金制度そのものに頼ることは、私たちの老後では厳しいと思われます。また、保険レディがすすめられた保険にそのまま加入していることも望ましくない状態といえるでしょう。保険加入後にご結婚、お子さんが生まれていらっしゃいますよね。となると、独身時代と比較すると保障を手厚くする必要がありますし、マイホームか賃貸かということも加味する必要がありますが、やはり保険見直しは必須だと考えた方がいいでしょう。個人年金保険に関しましても、家計と照らし合わせて無理のない範囲で加入した方が将来のためには安心だと思います。ただし、保険料の支払いで家計を圧迫してしまっては本末転倒ですので、この点には注意してください。保険見直しと個人年金の相談、ともに保険ショップなどを利用しても良いと思いますよ。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴