かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

山口県民の生命保険に見られる契約の特徴

山口県における生命保険契約について

もしもの時の備えとして、私たちの心強い味方であるといえる生命保険。日本では多くの社会人が契約をしており、また生命保険に加入をすることで所得税の控除も受けることができるため、生命保険には安定した一定の契約者を保つことのできる要因があるといっても過言ではありません。中国地方の1つの県である山口県を例に挙げてみてみますと順調に数を伸ばし、右肩上がりとなっています。しかし一方で平均の保障金額が徐々に減っていっています。これは一体どういうことなのでしょうか。実はこれは日本全国で見受けられる現象であり、販売プランの多様化や保険加入対象者の変化が考えられます。生命保険を窓口で取り扱う金融機関が増えたことやインターネット契約の環境が整備されたことで気軽に少額で生命保険を始める人が増えたと考えられます。また、夫婦共働きが増えたため、以前は夫一人に高額の保障金額を設定していましたが、それを減らしその分妻も生命保険に加入するようになったことが考えられます。独居状態の高齢者増加も著しいこともあり、安価な掛け金で少しの保障で十分だと感じる高齢世代も増えてきたようです。時代の変化とともに日本中で生命保険契約が変化してきていますが、山口県も例外ではないと言えるでしょう。

無料保険相談で生命保険見直ししてもいい?

結婚してすぐに、主人が生命保険に入っていなかったので保険に入りました。その時は若くてどの保険が必要かが分からなかったので言われるがままに入ったのですが、最近二人分の保険料がとても高くて生活が少し苦しくなってきました。これからの事を考えると少し不安になります。生命保険見直しをしようと思うのですが、無料保険相談を利用しようと思っています。無料なので少し不安な部分もあるのですが、相談しても良いものなのでしょうか。

答え

保険の支払いが多いと生活が苦しくなりますよね。私も結婚をしてすぐに主人に生命保険に入るように言い入ってもらいました。私も言われるがままであまり深く保険に対して見ていなかったのですが、次第に保険料が高いと思うようになりました。でも相場が分からないので、これが普通だとも思っていました。友達と話をしている時にうちの保険料がとても高いという事に気がつきました。それをきっかけに生命保険見直しをしようと決意したものです。とりあえず無料保険相談を利用したのですが、とても親身に相談に乗ってくれて保険の説明をしてくれました。いかにムダな所に支払いをしているかというのも分かりました。一度無料相談での相談をすると保険について分かってきますよ。

学資保険に関する保険相談に関して

もうすぐ、最初の子供が生まれます。大変楽しみで嬉しい気持ちなのですが、子供の教育費はとても高いものであるということを聞いて、今から心配をしています。そんな中で学資保険で備える方法があるのを知りました。この保険は、具体的にどのような保障を受けることが出来るものなのでしょうか。最近話題になることの多い無料の保険相談などで、特定の保険会社だけではなく色々な保険会社の商品を教えてもらうことはできるのでしょうか。

答え

学資保険と言うのは子供にかかる教育費、例えば大学入学時に必要になるお金を積み立てるものであったり、大学を卒業するまでの資金であったりと様々な種類の教育資金を補償する保険の総称です。満期の場合の戻り金は決まっていますが、満期までの間に保険料を支払っている親御さんに万が一のことがあった場合には残りの保険料を払うことなく額資金が準備されるなど、いくつかの特約をつけることもできます。この様な学資保険は保険会社によってサービス内容に特徴があります。そのため無料の保険相談窓口などを活用して詳しい説明を聞いてみるのも良いでしょう。どのような特約をつけるかによって、様々な価値を持つ保険になりますのでしっかりと比べて加入されることをおすすめします。

保険見直し:個人年金保険への加入は必要ですか?

50代の男性です。息子2人がようやく独立したので、妻と2人暮らししています。息子が学生のうちはそれなりの保障も必要と思い、数千万円ほどの死亡保障をかけていましたが、2人とも無事就職しましたので、保障を減らしてもいいかと思っています。これからは妻と2人の生活なので、年を取ってまでお金の心配をすることなく老後を迎えられるように、個人年金保険への加入も考えています。どうぞ保険見直しのアドバイスをお願いします。

答え

特にお子様が小さいうちは、ある程度の死亡保障が必要です。お子様が2人とのことですから、教育費なども考慮に入れると、数千万円位の保障も必要だったでしょう。しかし、お子様が独立した今となっては、死亡保障を減らして、長生きのリスクに備える個人年金保険に加入するのもいいのではないかと思います。死亡保障の保険に医療特約などは付けていませんか?保険を解約すると当然、特約も消滅してしまいます。もし医療保障を特約でまかなっている場合は、あらかじめ医療保険に加入したうえで、解約することをおすすめします。保険見直しの際のポイントは、保険を解約する場合は、新しい保険に加入してから古い保険を解約することです。何らかの事情で新しい保険に加入できなかった場合、古い保険を先に解約してしまうと、まったく保障がないということになりかねないからです。そういった点についても、一度無料の相談窓口で相談するとよいでしょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴