かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

山梨県で生命保険に追加されやすいもの

山梨県における生命保険契約について

山梨県の生命保険の契約者数の推移と平均の保障金額を比較しながら眺めてみると面白いことがわかります。山梨県の生命保険の契約者数は近年右肩上がりに数を伸ばしています。中でも隣接する他県にくらべ、火災や地震による損害への補償も生命保険とは別に同時契約している人が多いようです。どちらも周囲の県の中では一番多い契約数となっている年もあり、病気以外でのトラブル保障への関心の高さが伺えるのではないでしょうか。主な要因の一つとして未婚率の増加が考えられます。生命保険の契約は以前は一家の中心である夫に万が一のことがあった時の備えとしてするものでした。しかし現在は独身世帯が増え、養う家族がいない人が多いため、多額の保障を必要としなくなったのです。その一方で職場ですすめられたため断りきれずに生命保険に加入をした、という人は多くいます。彼らが選ぶのが、自分に万が一の事態が訪れた時に、自分の生活を守るものを追加する方法だったということなのでしょう。そういった背景も手伝って、山梨県での生命保険契約数は火災や地震保険と共に増加しているようです。また働く独身女性も増えたため、結果として生命保険のみへの契約者数も増えました。今後は独身世帯や女性向けの生命保険商品が多く開発されていくと考えられます。

無料保険相談では生命保険見直しができますか?

定年を迎えて、収入が大きく減りました。年金生活になるため、少しでも出費は抑えたいと考えています。まだ、住宅ローンが数年残っているので生活は厳しいです。しかし、保険もないと万一の時に備えて不安があり止めることはできません。それで、町でよくみかける無料保険相談では生命保険見直しもしてくれますか?新規以外でも、相談ができるのかわからなくて迷っています。経験した方の意見を伺いたいです。相談後は、節約ができますか?

答え

私も、相談者と同じ年金生活をしています。保険料は、収入が減ると負担が大きくなります。それで、私も無料保険相談で今の生命保険見直しをして来ました。新規だけでなく、加入している保険に対しても相談ができます。年齢や自分の生活に合わせて、色々と教えてもらえました。おかげで、私の場合は保障額を少し下げることで毎月の掛け金を安くすることができました。ここは変更や加入をしなくても、相談だけでも丁寧に応対してくれます。まずは、近くにある無料保険相談で話しだけでも聞かれることをおすすめします。少しでも、節約できる方法はたくさんあると思います。老後はお金だけが頼りになります。生命保険見直しで、少しでも安く掛け金が済むようにして下さい。

学資保険って何?保険相談する際の注意点は?

『学資保険』というものをやたらと親からすすめられるようになりました。子供が生まれて、最初のうちは一人くらいなんとかなると貯蓄だけを始めていたのですが、二人目が生まれてからは少し将来が不安になっています。同じ貯蓄なら学資保険の方が良いのでは、と言われ始めたのもその辺りからです。しかし学資保険というものに関してよく分かりません。親に聞いても「入るのが普通、入っておくと楽になるはずだから」とだけ言われて、親もよく理解していないようです。学資保険って何ですか?どこで詳しく聞けますか?

答え

『学資保険』とは、生命保険に分類される保険です。子供の将来の学費の為に、決められた保険料を払っていけば、満期(15歳満期、18歳満期)に保険金が受け取れる、という保険で、契約期間中に契約者に万一の事があれば、それ以降の支払いが免除され、満額の保険料を受け取れます。しかし、数多の保険会社がある為、自分にあった保険がどの様なものか分からないといった方も多いようです。そんな人の為にその人に合った保険を選んでくれる『保険相談』の会社があります。ですが、保険相談会社に相談したからといって、必ずしも最良の保険を選ぶことが出来る訳ではないのです。ですから保険会社と相談した上で、本当に納得のいった保険を選択する事が重要なのです。そのためにも、できるだけ家計事情など必要となる情報は話してください。守秘義務があるので、ご近所にうちの家計がバレるかも、などいう心配はありません。

個人年金保険のバランスと保険見直し

個人年金保険に入れば老後の生活は安心ということが出来るようになるのでしょうか。実際に支払った金額に応じて年金も変わってくると思いますので余裕資金については個人年金の掛け金にした方が良いということになるのでしょうか。老後の心配をするのは早いかもしれませんが、早めに対応しておくことで安心できる環境を作っておきたいと考えています。しかし途中で社会情勢が変わることもあるかもしれません。そんな時は保険見直しも可能なのでしょうか。

答え

個人年金保険は老後の資金を計画的に積み立てていく方法としては堅実な方法であると言えます。満期まで積み立てておくのであれば元本は保証されますし、多くの金額を掛け金とすることでより多くの年金を受け取ることが出来ます。しかしデメリットとしては支払い開始時期に指定した年齢に達するまで引き出すことが出来ないという点にあります。そのため必要な生活資金が使えなくならないようにしなければいけません。そのため余裕資金であっても手元にん残して自由にできるバランスを考える必要があります。また上記の理由から保険見直しのために解約は難しいです。元本割れを起こしてしまうことになる可能性が高く、その様なことにならずに済む範囲で積み立てるのが良いでしょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴