かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

神奈川県で生命保険を契約する前に

神奈川県における生命保険契約について

神奈川県内の生命保険契約件数は、他県の例に漏れず過去5年の間で増加しつつあります。一方で保障金額の平均は徐々に下がっています。この結果から二つのことが見えてきます。もらえる額が大きくなくても少しでも安心を残したくて生命保険に契約する人が増えているということと、もう一つは保険の掛け金を押さえながら保険に加入したいという傾向があるということです。景気の悪化や物価の上昇に伴い毎月の食費や光熱費といった必要最低限の出費以外のところにお金をあまりかけないようになってきているということも考えられます。それを見越したように、保険会社も月々の支払額を低く設定できる簡易的な保険商品を増やしてきました。神奈川県でも加入者はこういったものを選ぶようになったようです。無料相談にも多くの人が興味を持って訪れています。多額の保障を必要としない人や、複数の会社に分散して入りたい人に人気のプランです。また、神奈川県はインターネットの利用者数が他県に比べて多く、また初婚時の平均年齢が働き盛りの30代前後となっている点も特徴的です。そういった事情からも、インターネットでより毎月の負担が少なく、保障はそれなりにあるという、若い世代でも手の出しやすいプランを探すのが上手なのでしょう。

無料保険相談,生命保険見直しで保険料節約をしたいのですが

子供もやっと独立をし、間もなく定年を迎えます。結婚以来、ずっと同じ終身の生命保険できましたが、保険料負担も大きいことですし、保険料も安くしたいと思っています。そこで無料保険相談で、生命保険見直しを考えています。生命保険料は安くしたいと思っているので、従来通りといきませんが、万一の保障や病気に対しての保障は確保したいと思っています。保険料を安くして、尚且つ万一の保障も求めるのは厚かましいことなどでしょうか?

答え

私も生命保険見直しのために、無料保険相談に行ったことがあります。そこでの相談内容は、子供が独立をして夫婦2人だけの生活に入っており、万一の保障も減少しているので、保険の負担を少なくしたいというものです。担当者の方は、現在の保険を継続するよりも、掛け捨て型で病気に対応できる保険に切り替えることのほうが有利で、保険料もグンと節約できますよとアドバイスをくださいました。現在の終身保険については、解約をして現金をいただくか、或は現在支払っている保障のみを得る方法もあるとのことでした。せっかく今まで長い間お支払されてきたのですから、相談者さんも保障がしっかり残る方法をとられてはいかがでしょうか。当然の権利なんですから、厚かましいなんてことはありません。一度、無料相談で私のように具体的な解決策を提示していただくと、考えがまとまりやすいと思いますよ。

学資保険加入の為に保険相談したい

わたしには幼稚園児の子供がいます。今までは家計に余裕が無かったので加入する事が出来ませんでしたが、わたしが働くようになって少しお金に余裕が出てきたので、前から考えていた子供の学資保険に加入したいと思っています。そこで一度家族全員の保険を全て見直して保険相談をしてから、学資保険を決めたいと思っているのですが、無料の保険相談でここまで相談に乗ってくれるものなのでしょうか?同じように相談に行かれた方のお話が聞きたいです。よろしくお願いします。

答え

お子さんの為に学資保険に加入されることをお考えなのですね。お仕事を始められてお金に余裕が出来た時に、加入されるのは良いタイミングだと思います。わたしもなかなかお金に余裕が無くて子供の保険に入って上げることが出来ませんでしたが、わたしが働き出してから保険相談で保険の見直しをして頂いて、子供の保険にも加入しました。保険相談は、無料で保険の見直しをしてくれ、今とこれからの私たち家族のライフプランに合わせて良い保険を提案して下さいました。学資保険もその時にわたしの希望に合う保険を紹介してくれましたよ。とても親身になって話を聞いてくれ、分かりやすく説明もしてくれますので、一度ご自宅の近くで保険相談を受けられると良いと思いますよ。

個人年金保険のメリットとデメリット:保険見直し

個人年金保険というのは老後の資金を計画的に確保していくための方法として有効であるという評判があります。実際にどのようなメリットがあるのでしょうか。一般的に個人年金保険は長期にわたる払い込みが必要で満期が遠いものです。そのため何らかの事情で資産運用方針の転換が必要になり、途中で保険見直しがしたくなることも想定されますが、どのような対応になるものなのでしょうか。メリットとデメリットについて教えてください。

答え

個人年金保険はご存知の通り60歳や65歳など特定の年代を定めて保険料の払い込みを行う保険です。一定期間の払込を行うことで受給資格が得られ、老後の安定収入につながる仕組みになっています。満期の場合には原本割れなしというのが最大のメリットです。しかし満期が非常に遠いのが問題であり、急に資金が必要になった場合に保険見直しをしようと思っても思うように行かないのがこの個人年金保険の特徴でもあります。満期に限り元本が保証されるということは途中解約は元本割れのリスクがあるのです。そのため保険見直しがし難いというデメリットがあります。そのため推奨されるのは最初から65歳などの年齢に達するまで必要とならない程度の金額に抑えておくことです。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴