かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

出産したら入る生命保険とは

出産

出産を経て子供が生まれると、学資保険への加入を検討する方が非常に多いです。

学資保険とは、子供の教育資金を成長に合わせて準備できる保険です。 銀行の預貯金とは異なり、簡単にお金引き出すことができないので使ってしまう心配がないことや、あらかじめ受け取る年齢を決めることができるので、確実に教育資金を準備できることなど、多くのメリットで学資保険は人気となっています。


ひとえに学資保険と言っても、現在では各保険会社が様々な形で販売しています。 商品が多くてそれがいいのかわからないという方は、まず保険を検討するまえにどのような資金をいつまで準備したいのかを考えてみましょう。

例えば、大学へ進学するときの入学金を準備したい、ということであれば一般的には子供が18歳になるときに受け取り期間を設定しておく必要があります。 小学校、中学校、高校とそれぞれ進学時に準備金として受け取りたい、というのであればそのような受け取り方ができるプランに加入する必要があります。

いつ、どのように受け取るかをしっかり考えて加入するのが学資保険のポイントです。

学資保険の最大のメリットは、保険料を支払う契約者、つまりは親が万が一の事態で保険料が払えなくなってしまった場合、保険料の払い込みが免除される特約が付いています。 この特約が付いていれば、あらかじめ準備しようと思っていた教育資金は万が一の事態があっても確実に準備できます。

しかし、この特約は必ずついているわけではないので、加入する際は特約を必ず確認しましょう。 現在学資保険に加入している方も一度見直してみることをお勧めします。


さらに、学資保険のような生命保険を取り扱う保険会社もあります。

学資保険は、あらかじめ定めた期間で教育資金を準備して受け取るのが一般的ですが、教育資金としてお金を受け取った後も生命保険として継続できる保険もあります。

保険として継続すると、年齢が増えるほど解約返戻金で受け取るお金が増えていきますので、子供が結婚するときの結婚資金の準備も併せてできます。

また、もし万が一のことがあれば保険金を受け取ることができます。このように、学資保険にも様々な形があります。


学資保険に加入するタイミングですが、学資保険は0歳から、商品によっては生まれる前から加入できるものもあります。

加入するタイミングとしてお勧めするのは0歳時です。保険は年齢が低いほど保険料が安く、支払うお金も少なくて同じ金額を貯められます。

同じ保険に加入しても、0歳で加入するのと10歳で加入するのでは支払う金額に大きな差が出ます。 学資保険への加入を検討するのであれば、子供が生まれてから早めのほうがいいでしょう。

また、学資保険は一度入ると、途中で解約した場合に損をすることが多いので、見直しがしづらい商品となっています。 ですので、じっくり考えて加入することをお勧めします。


次に子供のために考えるべき保険は医療保険です。医療保険も子供が生まれたら加入を検討しましょう。

市区町村によっては、子供の医療費が無料の地域もあります。 これは、子供がいる家庭にとってとても助かる制度となっています。 しかし、すべての地域が対象となっているわけではないので、自分が住んでいる地域では対象となっているか、また対象年齢などを確かめる必要があります。

少し大きくなってやんちゃになってくると心配なのがケガです。 子供は好奇心旺盛なので、夢中になると周りが見えなくなってしまうことが多々あり、ケガをしてしまうことが多いです。 擦り傷、かすり傷程度なら治療費はさほどかかりませんが、骨折などをするとそれなりに治療費はかかります。急なケガに備えていくことも重要です。

また、小学校中学年くらいになると、クラブ活動や部活など、運動をする機会が増え、同時にけがをする機会も増えます。 特に運動部の部活動では、進学につれ運動量が激しくなり、ケガをする機会も増えます。


ここで治療費の例として、膝の十字靱帯断裂にかかる治療費を紹介します。 膝の十字靱帯を断裂するとまず再建手術を行います。特殊な金具を埋め込み、切れた靱帯をつなぎ合わせる手術です。 その後、入院しながら歩けるようにリハビリを行います。

その間の病院着・食事・リハビリ使用代などが費用として負担になります。手術の費用に加えて入院費用も必要になってきます。 約1か月の入院でかかる医療費の総額は100万円です。これの3割負担ですから約30万円かかるということになります。

これはあくまで一例ですが、骨折や入院など、このように医療費が高額になる場合もあります。 現在では高額療養費制度がありますのでここまでしっかりと医療に備えておかなくてもある程度は国が補償してくれますが、病気やけがはいつなるのかわかりませんから、子供の急な事態に備えて、最低限の医療保険への加入は検討しましょう。 また、現在加入している保険でも、子供の成長に合わせて必要なものに見直すことが重要です。


出産は、大切な子供を授かり、これからの成長を考えるとてもいいきっかけです。 安心して子育てができるよう、また、子供が立派に独立できるよう、保険の見直しも真剣に考えましょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴