かぞくのみかた - 保険見直しの無料相談サポート

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

お住まいの地域にある
保険相談の窓口を探す方

都道府県をお選びください

ご自宅などご希望の場所で
相談したい方

愛知県から探す

愛知県の保険窓口一覧

愛知県の保険窓口92店舗

豊田市
豊橋市
豊川市
西春日井郡豊山町
西尾市
  • 保険ホームドクター

    西尾店

    西尾市寄住町泡原14-1グラッチェタウン西尾ヤマナカ1F

    詳細を見る
蒲郡市
稲沢市
知立市
知多郡阿久比町
瀬戸市
清須市
津島市
東海市
春日井市
日進市
愛西市
岩倉市
岡崎市
尾張旭市
小牧市
安城市
大府市
名古屋市西区
名古屋市緑区
名古屋市港区
名古屋市東区
名古屋市昭和区
名古屋市守山区
名古屋市天白区
名古屋市名東区
名古屋市南区
名古屋市千種区
名古屋市北区
名古屋市中村区
名古屋市中川区
名古屋市中区
半田市
北名古屋市
刈谷市
丹羽郡扶桑町
一宮市
あま市

愛知県実情を考えながらの生命保険契約

愛知県における生命保険契約について

いざという時の生命保険。掛け金は決して安いものではありません。さて、この生命保険ですが、加入率自体は上がっています。愛知県の人口が減少しているにも関わらず、ここ5年では、数パーセント上昇しているのが現状です。これは人間の寿命が延び、老後に不安があるのだとか、子供にお金を残したいのだとか、保険の窓口の拡充により、各社の保険内容を比べやすくなった、などが考えられます。また、これらの保険が保障する一人当たりの金額と言えば、逆に減少している傾向にあります。これは減らされた訳ではなく保障内容の細分化による金額の違いと言えます。例えば、以前に死亡時の金額が900万のものであっても、それが600万になり入院時に手厚い保険金が支払われる、などです。簡単にいいますと、幅広くカバーする保険内容になってきたということです。他にも幾つか要因はあるでしょうが、掛け金の実績に対する支払いの実績や物価などの上昇傾向により掛け金は変動します。生命保険とは加入者が掛けた総合の金額を有事の際に規定により支払うもので、加入者としては、積立に近いものです。愛知県において生命保険の加入を検討するならば、単なるうわべだけの数字ではなく、そういった事情も考慮しておきましょう。よく理解しておいて、自分にぴったりのものを探すことが失敗しないための基本です。

専業主婦の生命保険見直しを無料保険相談したい

私は専業主婦で、小さい子どもがいます。子どもはもう一人欲しいと思っています。ゆくゆくは外に出て働きたいと考えていますが、まだ少し先の話になりそうです。最近、家計を管理していて、保険料が高いので主人の保障と子どもの学資保険はそのまま残して私の生命・医療保障は解約しようかと考えています。無料保険相談では生命保険見直しのアドバイスが頂けるようですが、私のような専業主婦の生命保険見直しでも相談にのってもらえますか。

答え

保険料が家計を圧迫するケースはよくあります。しかし、家計のために必要な保障まで解約してしまうのではこの先の生活に不安があります。生活環境によってどんな保障がどのくらい必要なのかは変わってきますので、結婚したり出産、それに妻が仕事を辞めたなどの人生の節目節目で必要に見合った保険に入っているかどうかの生命保険見直しが必要になってくるのです。無料保険相談では、その人の生活スタイルに応じて必要な保障のアドバイスをファイナンシャルプランナーという保険のプロから受けることができます。例えば専業主婦なら保険は必要ないと考えられがちですが、仮に奥様が病気入院したとなるとベビーシッターや家事代行サービスを利用するなど意外に出費が考えられます。それに、これから妊娠や出産を迎えるのであれば帝王切開などに備えた医療保障も必須です。無料保険相談では、どんな時にどんな出費があるかを丁寧に解説してもらえるはずです。

学資保険についての保険相談

子供が生まれて学資保険に入りました。その頃主人の収入が低く、将来とても不安があったので、保険に入っていれば少しは安心があるかなと思って詳しい話や見極めをせずに保険に入りました。子供が幼稚園になり、二人目も生まれたのですが、最近は保険料を払わなくても子供の為に貯金をすることができているので保険は必要無いようにも思います。思いつきで保険を解約をする前に保険相談をしたほうがいいのでしょうか。とても迷う所です。

答え

学資保険はお金が無い時は入っておいて良かったと思いますよね。入学や卒業などの物入りの時にお祝い金としてお金が入るので、とても助かります。余裕があるのであればそのままかけておいても良いように思います。子供の為に貯金ができるのであればそれもしておくと、いざという時に利用することができますし、ムダにはならないと思います。私は思いつきで解約をする前に保険相談をすることをおすすめしたいです。ご主人の収入も一生安定の保証は無いかもしれませんよね。いざという時のためにあると考えると良いと思います。後々そのままかけておけば良かったと思っても遅いので、まずは相談をしてみましょう。きっと自分にあったアドバイスをしてくます。

将来に備えて個人年金保険の保険見直しをする

以前、知り合いが国内の大手生命保険会社の営業の仕事をしていたこともあって、個人年金保険に加入をしました。将来、国民保険の受給だけでは不安を感じていたので、それを補うことのできるものとして考えました。しかし当時考えていた以上に、国民年金の受給に不安がありますし、老後どのような生活を送ることになるかわかりません。できれば保険見直しをしたいとおもうのですが、安心して相談に乗ってもらうことはできるのでしょうか?

答え

将来の国民年金受給の年齢の引き上げや受給される金額が減少することを不安に感じている方はとても多くいます。それを補う意味で個人年金保険に加入をすることはとてもいいことだと思います。ただ現在加入しているプランで果たして将来生活に必要な金額を補えるかを十分に検討する必要はあります。医療や介護のお世話になると、思いもかけず多くの出費が必要になりますからその備えを保険でするのか、十分に貯金をしておくかを決めておかなくてはなりません。今の個人年金のプランでは将来不足する不安があるようなら、保険見直しをすることも念頭に置きたいものです。また個人年金保険だけでなく、解約返戻金の利回りのいい生命保険で運用することも効果的な手法となりますので、保険見直しの際に提案を受けるとよいでしょう。

本サービスへのお問い合わせ

お問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除くお問い合わせ、お急ぎの場合はこちら:0120-333-762 受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日曜祝祭日を除く

保険の資料請求

生命保険や介護保険、個人年金保険の
パンフレットを無料で資料請求できる
各保険会社のページへのリンク集です。

取扱保険会社の特徴